仮想通貨のリスク対策

【全5回シリーズ】仮想通貨のリスク対策〜最悪破産!税金&規制リスク編〜

リスク対策_税金

仮想通貨に関わる誰もが取引を進めるうちに不安になるリスクについて、全5回シリーズにて対策を考えます。

【第1回:ハッキングリスク編】
【第2回:Gox(取引所破綻)リスク編】
【第3回:トレード(暴落)リスク編】
【第4回:SCAM(詐欺)リスク編】
【第5回:税金・規制リスク編】←今日はこれ

超のつくネガ思考の管理人は、まだ対した利益も出していないのに既に不安になっております。

億りびとの方々はとってもうらやましい反面、きっと多大な精神負担に打ち勝っているのであろうと、頭が下がる思いです。

仮想通貨に限らず、生きてるだけで常にリスクを背負っていますよね。気にしすぎもいかがなものかとも思いますが、できる対策はやっておくに越したことはありません。

無駄な損やストレスは抱えたくないですからね〜

この記事を参考に、初心者さんもぜひできるだけの対策をしてみてください。

とりあえずで仮想通貨をはじめて不安を抱えてる管理人が、実践しながら時間をかけて全力で書きます!(自分への言い聞かせ込み!慎重になりすぎているかもしれないので、適宜ご自分に合った方法だけ採用してください。)

平和に仮想通貨と付き合っていきましょうね(・∀・)

+++++++++++++++
こんにちわ!へっぽこZENYです!

仕事を辞めて働きたくないので仮想通貨に目をつけました♡→働き始めました!(軍資金作りのため)

軍資金10万円からスタート!!まずは100万円を目指して大冒険♪

目標達成なるか?(・∀・)
+++++++++++++++

第4回「税金・規制リスク編」

仮想通貨で「億り人!」これを聞いて億とまではいかずとも、それなりの儲けを期待して仮想通貨に踏み込んだ人も多いのではないでしょうか。

さてここでさっそく注意!億るためには1億では足りません。最低でも2億が必要。なぜなら税金で半分持っていかれるからです(;ω;)

ここまでのレベルになると、「それでも億でしょ?いいな〜うらやましいな〜」と憧れ止まりになる方も多いと思います。

実はもっと怖いのが、誰にでも振りかかる危険性のある「税金破産」のリスクです。こうなるとなんのための税金だって思ってしまいますが、日本に住んでいる以上仕方がないことなので、きちんと理解して対策を練っておくことが、本当に重要です。

仮想通貨が禁止されるかも?規制リスクについて

税金に前に簡単に規制リスクについても触れておきます。

仮想通貨投資に怯える理由の一つは「国から規制がかかって仮想通貨取引が禁止になるかもしれない」ことです。

怪しいとか国にお金が集まらないとかどんな理由であれ、仮想通貨禁止条約が発令されたらまず、「仮想通貨取引所」が閉鎖され、「仮想通貨の個人間売買」が禁止され、「データを監視」され、投資したお金は電子クズと化します。

世界にまたがる規制の呼びかけ、ハッキング被害による金融庁の関与、事実中国での取引所閉鎖など、仮想通貨界隈には不穏なニュースがあふれています。個人では太刀打ちできません。

【01月22日(月)の冒険記録】仮想通貨投資2ヶ月目…世界中の規制宣言での悪影響はいかに。

これが仮想通貨への参入を危険視する理由の一つ。どんなものでも新興勢力はいかがわしいものだと思われる上、事実どんなトラブルや犯罪があるか誰もわからないので仕方がないといえます。

しかし現状、日本は仮想通貨先進国と言われていて、仮想通貨に関する取り決めがかなりスピーディに行われているので、明日いきなり「だめ。没収。」となる確率は低いと考えられます。

取引所規制をしている中国の現状

既に中国は仮想通貨規制にて取引所閉鎖などをしていますが、個人間での売買は禁止されていません。

さらに中国政府は過去になんども「仮想通貨禁止チャレンジ」をしていますが、結果は….惨敗。仮想通貨のいろんな意味での勢いはどうにも止められていないのが現実です。

現にアリペイのようなモバイル決済が国に浸透している中国では、仮想通貨は日本よりも感覚的に実生活に取り込みやすいのではないでしょうか。

【fintech】5億ユーザーを誇る中国「アリペイ」を例に仮想通貨の未来を考える

ここで日本について考えを戻してみると、日本のモバイル決済ひいてはフィンテックそのものが遅れている…と言っても過言ではないですし、きっとお偉いさん方もその認識はあるんだと思います。

麻生副総理の発言を見ても、懸念点はありつつ期待もあると捉えられる発言をしています。

日本で規制される可能性は高い?

このことから国内での絶対だめ!という規制は確率的に高いとは思いません。大手銀行が「オリジナルコイン出しちゃうよーん」と言ってるくらいなので。0ではないですがルールが作られつつも、成長していくのでは、というのが個人的な見解です。

もし今売買できなくなっても、ウォレットに移して大事に保管しておけば使える機会に巡り合う可能性もありますし、少なくとも軍資金がマイナスになって借金を追うことはありません。(0になる可能性はもちろんありますよ)

というわけで、規制リスクについては他のリスク対策と同じく「余裕資金で」「安全に保管する」という対策を取ればoKでしょう。もちろん不安なら円に換えるのが一番安全だといえます。

円に換えるのって本当に安全?恐怖の税金リスク

万が一規制で所持コインの価値が0になったら残念です。しかし残念どころでは済まないのが「税金によるリスク」です。

先ほどお伝えしたように「円に換えるのが一番安全」と言えなくしてしまうのが税金の怖さ。

資産として、予測の立てられない「ビットコイン」よりもみんな既に信用して使っている「円」の価値が確かなことは事実です。しかし含み益から円に利益確定した時点で税金がかかります。その税率の凄まじさが問題。

はじめたては「正直投資なんてやってる人いっぱいいるのに、なんでにこんなに税金が〜〜」ってみんな騒いでるのかと思ったら、税率が最大55%と、とんでもない割合だからなんですね。

・仮想通貨の税率は最大55%
・株や為替は20%

仮想通貨はまだ税制が確立していない

基本的にお金が生まれるところ全てに税金がかかるのが日本の税金の仕組みです。

生きてるだけで税金がかかるので、税金払いたくないというのはあきらめましょう。管理人も個人事業で未納になってた分とか調べ直してコツコツ納めています。

そして新しい収入源についてはカテゴライズできないので、とりあえず「雑所得」に放りこまれます。これが今の段階。雑所得は基本的に「ラッキーなお金、臨時収入」みたいなお金のカテゴライズなので、税率がとても高く半分程度持っていかれてしまいます(;ω;)

今ではきちんと投資の一つとして認識されているFXもかつてはこの分類で、「税金破産」するトレーダーが続出しました。ちなみに今では税率20%で、証券会社が源泉徴収までしてくれるので、自分で税金をやたら気にすることはありません。

このFXも流行りはじめた当時はいかがわしいものだとして今の仮想通貨に通ずる扱いだったようなので、仮想通貨も成長を続けていけば同じように税制度が確率されるのではないかと期待はしています。

 

税金破産の仕組みは?どういうこと?

国民の義務だから納税するけど、税金で破産なんて不条理だと思う方も多いでしょう。税金破産は簡単に以下のような流れになります。

①投資で利益を1000万ゲット!
②税率50%なので実質500万が自分の儲け!
③でも手元にあるから1000万使って再投資!
④予想外の暴落で1000万が0の一文無しに!
⑤でも税金500万(②)は確定だから借金しないと払えない!

ほんとはもっと細かいルールなどありますが、ザクっとこんな感じです。

夫が私に内緒でFXとやらをしていて、昨年ドカンと儲かったものの(多分2000万円くらい)、今年に入ってから全てパーに。
それでも、後で追徴金を取られては、と正直に確定申告したら所得税が700万円にもhttps://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1043832790

税制未確立時代のFXについて知恵袋で悲痛の叫びが…。今の仮想通貨はこれ。

税金が怖い理由は、マイナスになっても情状酌量の余地がなく借金するしかなくなることです。暴落(※レバレッジ除く)やハッキング、規制では借金を追うことはありません。

税金が払えなくなれば家も車も持ってかれちゃうのですよ…こうして考えると数あるリスクの中で一番怖いのが税金だと言っても過言ではありませんね。

最大限に配慮して考える必要がありますね〜(;ω;)

細かい税率や仮想通貨の確定申告の流れに関しては別記事でまとめているのでご確認ください。記事最後にもリンク貼っておきますので、気になる方は後でもOKです。

仮想通貨の税金対策!いくらから確定申告が必要?

恐怖の税金に対処する方法・対策は?

まず普通に仕事して生計を立てている方の多くは月20〜30万、年間200~300万前後、控除等ありで税率10〜20%くらいで済むのが基本です。そこから所得が上がるごとに最大55%くらいになるのですが、稼げば稼ぐだけこの税金リスクは大きくなることは知っておきましょう。

雑所得は働いて得た給与と合計しての税率になるので、仮想通貨での所得が大きければ大きいほど税金も給与とは比較にならないほど大きな税金がかかることになります。

そこで考えられる対策は以下3つ。

・利益をあげない
・利益確定をしない=ガチホ
・自分の投資スタイルを確率する

①はみんな儲けたくてやってるので却下。もしくは働けばすぐ返せるくらいの利益であればそんな気にする必要ないかもしれません。旨味ももちろん少ないですが、利益がないよりましです。

利益確定をしない=ガチホ

「安い時に買って、高い時に売って、安くなったら買い戻す」

これが投資の王道戦法です。これが資産を増やすための黄金法則なのは間違い無いのですが、そうはうまくはいきません。できたら天才トレーダー(・∀・)

含み益の状態であれば確定申告不要

そして仮想通貨に限っては損益通算ができないこと(年をまたいで利益と損失の帳尻合わせができない)や、他のアルトコインに換えても税金がかかること、そして税率が高いことを考えると、現段階ではガチホが一番賢い選択かもしれません。

その理由は、含み益であれば確定申告の必要がないからです。

単純に細かいトレードをしていると計算・管理が大変なのも理由の一つ。言い忘れてましたが、投資は必ず確定申告しなければいけないので、全部自分で年間通して税務署にお知らせする書類を作らなければいけないのです。

何気なくビットコインが下がったからリップルに移して〜とか頻繁にやってたら、正直レート換算しつつの正しい計算は素人には不可能に近いです。

それをお助けしてくれる税理士さんも出てきていますので、すでにそのトレードを繰り返してきた方は税理士さんにお願いするのも一つの手。そして規制や税制について論議されている間はガチホに切り替えるのもありです。

自分の投資スタイルを確率する

それでもやっぱり増やしたい!と思うのはごく自然です。

そんな方はぜひ自分なりのトレードスタイルを確立するのが良いのではないでしょうか。

ガチホとまで言わずとも月に1回、とか、「 ○○以上の利益で利確、税金は○○円」と自分の生活の中で把握できるスタイルであれば問題ありません。

参考までに、管理人は申告の必要のない20万円までは自由にトレードの練習してみようと思ってやってましたが、含み益が出た時の乗り換えも考えて、基本的に生活に支障のない少額の日本円を積み立てていく感覚でのトレードが良いかと思っています。

同じ1リップルを買うのに、日本円だったら税金なしビットコインだったら税金あり、とかちょっと損した気分になってしまいますので〜。そしていざというときの税金分枠を残しておけば、税金に泣くことはないだろうと思っています。

基本的には仮想通貨は税率が決まるまで長期投資。売買を重ねてトレードの勉強したいなら株とかでやろうと思ってます。毎日リーマンショック状態の仮想通貨から入っているので、メンタル強くなっているはずです(・∀・)

税金破産しないためにも必ず情報チェック

税金が怖いのは「儲かった時」です。

少額トレードのうちはやたらに気にすることはありませんが、大きな儲けを狙って参入している方がほとんどだと思うので、必ず情報はチェックしておくことがおすすめです。

また、税制もどんどん変わっていくので、できれば金融庁の公式ページで確認したり、税務署に電話する、税理士に相談する、などプロの意見を聞くのが一番です。

今話題の「不慮のトラブルで返金された日本円への税金はどうなるの?」とか「会社員じゃないから税率わかんないよー」など、税金に関しては「???」だらけなので、しばらく税金について追っていくことにしましたよ〜

もっとわかりやすくしてくれればいいのにね。

それでは「【全5回シリーズ】仮想通貨のリスク対策〜税金・規制リスク編〜」終わりにします。

その他のリスク対策についても読んでおいでくださいね〜(第一回はこちら

仮想通貨の税金対策については別記事にもまとめています(・∀・)

仮想通貨の税金対策!いくらから確定申告が必要?

それでは今日はここまで!ごきげんよう♡仮想通貨の未来に向かって冒険続行します♪

税理士さんに無料相談窓口はこちら

▶︎確定申告は税理士まで、月1万円~決算料無料(0円)

▶︎まずは無料相談!税理士ドットコム

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

今日の仮想通貨マーケット

     

▼▼ブログをメールで購読する▼▼

購読(無料)希望の方は、メールアドレス送信してください。更新の際にお知らせします。(怪しい勧誘など一切ございませんので、お気軽にどうぞ。)

126人の購読者に加わりましょう

コメントを残す