仮想通貨のリスク対策

【全5回シリーズ】仮想通貨のリスク対策〜ハッキングに負けないセキュリティ5つのチェックポイント〜

リスク対策_ハッキング

仮想通貨に関わる誰もが取引を進めるうちに不安になるリスクについて、全5回シリーズにて対策を考えます。

【第1回:ハッキングリスク編】←今日はこれ
【第2回:Gox(取引所破綻)リスク編】
【第3回:トレード(暴落)リスク編】
【第4回:SCAM(詐欺)リスク編】
【第5回:税金・規制リスク編】

超のつくネガ思考の管理人は、まだ対した利益も出していないのに既に不安になっております。

億りびとの方々はとってもうらやましい反面、きっと多大な精神負担に打ち勝っているのであろうと、頭が下がる思いです。

仮想通貨に限らず、生きてるだけで常にリスクを背負っています。気にしすぎもいかがなものかとも思いますが、できる対策はやっておくに越したことはありません。

無駄な損やストレスは抱えたくないですからね〜

この記事を参考に、初心者さんもぜひできるだけの対策をしてみてください。

とりあえずで仮想通貨をはじめて不安を抱えてる管理人が、実践しながら時間をかけて全力で書きます!(自分への言い聞かせ込み!慎重になりすぎているかもしれないので、適宜ご自分に合った方法だけ採用してください。)

平和に仮想通貨と付き合っていきましょうね(・∀・)

+++++++++++++++
こんにちわ!へっぽこZENYです!

仕事を辞めて働きたくないので仮想通貨に目をつけました♡
軍資金10万円からスタート!!まずは100万円を目指して大冒険♪

目標達成なるか?(・∀・)
+++++++++++++++

第1回「ハッキングリスク編」

記念すべき第1回は「ハッキングリスクに対する対策」です。

仮想通貨を持つことで誰もが思いつく不安要素が、ハッキング被害ではないでしょうか。「え、仮想通貨?ハッキングされたらすっからかんでしょ?」現代社会において切っても切れないのがサイバー犯罪です。

ハッカーのみなさんってほんと尊敬に値するくらい、すごく優秀なんですね〜。ハッキングされるのは嫌だけど、お友達になってその技術の破片だけでも教えてほしいくらいです。

一般的なパスワード突破なんて瞬殺とのこと。


4桁1秒以下…。

ハッキング対策として二段階認証をすることが必須だとされていますが、このへんについてもう少し突っ込んで見ていきましょう!

その1:メールアドレスを取引所専用に作る

仮想通貨取引所の特徴として挙げられるのが、登録&口座開設の手軽さです。

多くの取引所が、メールアドレスを入力して、返信されたURLからリンクへ飛び、最低限の項目を入力したら口座開設完了です。

本人確認の写真をアップロードしたり、完了通知のハガキから認証する必要があったり、取引所によって多少違いますが、基本的にはメアドさえあればOKです。バイナンスなんかその最たるものですね。

取引所口座開設についてまとめた記事はこちら
口座開設が圧倒的に簡単なバイナンスの記事はこちら

 

仮想通貨を購入しようと思う方ならほとんどがgmail等持っていると思うので、「とりあえずはじめてみよっか(・∀・)」ともともと持っているアドレスで登録する場合が多いかもしれませんが、これから始める方はぜひ仮想通貨取引専用のアドレスを取得することをおすすめします。

ネットショッピングなどに使っているアドレスなら、あなたのアドレスは既に抜き取られているかもしれませんのでね。

さらに安全性を最大限にするなら、取引所ごとに違うアドレスを作ることがおすすめです。全部共通のアドレスということは芋づる式にハッキングできるからです。

既に口座を開設済の方もメールアドレスの変更は可能です。

管理人は先述のようにとりあえず持ってるアドレスで始めたので、ぽちぽち各取引所に申請しだしました(めんどくs…)

メールボックスをそれぞれチェックするのはしんどいですが、取引所からわざわざメールで届くような内容はツイッターとかネット検索すれば大抵出てくるのでフル活用すれば特に不自由はないのではないでしょうか(・∀・)

非常に面倒ではありますが安全面を最優先にするなら、取引所ごとに専用のアドレスを用意しましょう。

gmailのエイリアス機能について

gmailには「エイリアス」という機能があることはご存知ですか?「取得済の文字列+bitcoin@gmail.com」などのように、「+ ○○○」とつければ実質違うアドレスを持てる機能のことです。

結論からいうとこのアドレスの作り方はおすすめしません。

既にこの機能を愛用の管理人はこのエイリアスアドレスでとある取引所に申請したところ、「有効なアドレスではありません。」となって却下されました。(登録できたところもありますよ〜)

ただし全取引所バラバラにするのはさすがにめんどうではあるので、最低限仮想通貨専用のアドレスを作ることだけはやっておきましょう(・∀・)

SNSの連携認証はもってのほか!

気軽に登録できるということからfacebookなどの連携認証のシステムがありますが、これは使わないようにしましょう。facebookそのものをデタラメ申請してる人は別ですが…。基本的には本人情報丸出しですよね?これも危ないです。

二段階認証必須ですよ!とうたっている取引所がなぜこのシステムを導入してるのか、個人的にはとても謎なんですが、とりあえずやめときましょう。あとあと連携してることによってメリットがあるのかもしれませんが、対処するのはその時で十分です。

その2:パスワードを強固なものに!最低限10桁以上

仮装通貨専用のアドレスを作ったら、次はパスワード設定です。先ほど、4桁のパスワードの突破時間が驚異の1秒以下でできるとお伝えしましたが、10桁以上になると途端に解読時間が伸びるようです。小文字のアルファベットだけで「9時間」、大文字小文字数字まぜこぜ10桁で341年だそうです。

この辺は以下のサイトさんが詳しく説明してくれています。

▷カミアプさんhttp://www.appps.jp/173365/

さすがに全部暗記できないのでアプリを有効活用しましょう♪

1Password

1Password
開発元:AgileBits Inc.
無料
posted with アプリーチ

自動で超強固なパスワードを生成してくれます。パソコンとiPhoneの同期して簡単ログインができますので、とっても便利!

ただしこのアプリを管理するマスターパスワードを忘れてしまうと地獄なので、こちらはどうにかしっかり管理しておく必要がありますよ〜!手帳とかよく使うノートとかに書いておきましょ。

その3:二段階認証を設定する

これはもう仮想通貨取引所では定番中の定番ですね。絶対にやっておきましょう。これしとかないとお金をばらまいているのと変わらないくらいセキュリティ甘いらしいですよ..(・∀・)

せっかく盗難補償つけてくれてる取引所さんでも、サポートを受けられなくなってしまいます。

 

Google Authenticator

Google Authenticator
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

▼▼盗難補償制度がある国内取引所はこちら▼▼

▽コインチェック

→コインチェックまとめ記事はこちら

▽ビットフライヤー

→ビットフライヤーまとめ記事はこちら

 

その4、ウォレットに移動して大切に保管

メールアドレス&パスワード&二段階認証でセキュリティを厳重にしたら、口座への侵入=ハッキングリスクはだいぶ減りました。ここまですればだいぶ気苦労が減っているはず、お疲れさまでした。

さ、次にすることがウォレットを使いこなすことです。これやってない人が多いとのことですが(管理人も使いこなしてませんが)万が一取引所の口座に侵入されてもおいてる金額が少なければ被害は最小で済みますねということで早速ウォレットに移しましょう。

いろんなウォレットがありますが、個人的にはハードウェアウォレットがイイと思います、オンラインウォレットは取引所と対して変わらないと思うので…。後日別途記事をまとめますのでお待ちください。

おすすめのウォレットについてはこちらの記事がわかりやすいです。

仮想通貨ウォレット|保有ビットコインを守るための4種類のウォレット

 

ウォレット(に限らず全般)のパスワードは、以下から最低でも2通りくらい使って万全に保管しておくと安心です。

パスワードの保存方法*スクショ(スマホに保存)
*クラウドに保存
*ハードウェア(メモ帳など)に保存
*紙に書く
*紙に書いたものを実家(信用できるところ)に送る
*暗記

など、自分が安心できるならなんでもイイです。

この時にパスワード紛失リスク=資産が取り出せないリスクがありますが、これだけの対策を講じて尚紛失するのであれば、もうしかたがありません。

ウォレットを使う時に「でも自己責任でしょ?自信ないなー」「鍵わかんなくなったら取り返すのもう無理なんでしょ?怖いよー」と構えてしまいがちですが、考えてみれば日本円&お財布&預金でも同じですね(;ω;)紛失、盗難、泥棒、火事、地震、詐欺、銀行破綻,,,

なので、パスワードの管理は、ネットが発達した現代社会の資産管理において最も大切に扱うべきもの捉えて、ウォレットなどは有効活用していきましょう(・∀・)

初めて使うときは不安だけど、バックアップ体制を万全にして使ってみれば少しは安心です。どこにいってもリスクがあるので、どうせリスク取るならどのリスク取るかってことですね(・∀・)

そういう意味で、なくなっても支障をきたさない余剰資金でやりましょうって意見はとっても正しいですね〜

その5、盗難補償のある取引所に資産を移す

ウォレットに抵抗がある方や、トレードチャンスを逃したくない方もいらっしゃることでしょう。

そんな方は盗難補償のある取引所へ資産を移すことがおすすめです。

しっかり二段階認証登録をしておけば、ビットフライヤーさんなら最大500万円、コインチェックさんなら最大100万円まで盗難補償をしてくれます。送金手数料はかかってしまいますが、少なくともハッキングされて泣き寝入りすることはなくなるでしょう。

まずは相談できる先があるというのも、被害にあった時には非常に心強いでしょう(・∀・)

▷仮想通貨初心者は「コインチェック」がおすすめ♪

国内最大手「ビットフライヤー」のメリットと評判まとめ

それでもダメならあきらめる

ここまでやってハッキング被害に会ってしまったらハッカーが途方もなくとんでもなく天才か、運のつきです。あきらめましょう。

逆にこのくらいのレベルの運のつきを持ってるなら、宝くじに当たるくらいの運も持っていると思いますよ〜

 

仮想通貨初心者さんが落としておくといい必須アプリ5選

 

ハッキングリスク対策!パスワードは厳重に保管

さ、それではハッキング対策について大事なことをまとめます。

 

ハッキング対策まとめ①仮想通貨取引専用のアドレスを作る
②ログインパスワードは10桁以上、使いまわさない
③ウォレットを活用、パスワードは厳重に保管
これだけやれば、ハッカー様もめんどくさくてあきらめてくれるはずです。

個人的には1日かけてでもやっておくべきかと思います。だって大切なお金のことだもの。

今年中には仮想通貨資産保管の不安を取り除くサービスが一つや二つ出てきてもおかしくないと思いますが、それまでは自分できっちり管理しときましょーね!

ちょっと長くなりましが「ハッキングリスク対策編」は以上です。

次回「Gox(取引所破綻)リスク」について対策を紹介しますのでぜひ続けてご覧ください〜。

▽本当に大規模ハッキング起きたよ!
【01月26日(金)の冒険記録】前代未聞のハッキング!コインチェック被害総額600億円以上!悲報

それでは今日はここまで!ごきげんよう♡仮想通貨の未来に向かって冒険続行します♪

▽対応通貨別のウォレットについてまとめています。

仮想通貨はオフラインで安全に保管!対応通貨別にわかるおすすめウォレット5選

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

今日の仮想通貨マーケット

     

▼▼ブログをメールで購読する▼▼

購読(無料)希望の方は、メールアドレス送信してください。更新の際にお知らせします。(怪しい勧誘など一切ございませんので、お気軽にどうぞ。)

141人の購読者に加わりましょう

コメントを残す