用語解説!仮想通貨の専門用語

【用語解説】取引所にある機能「API」ってどんな時に使うの?

仮想通貨に触れているとよく出てくるワード「API」。言葉は聞いたことあるけどよくわかりませんよね。

「APIからハッカーが侵入した…」などと聞いて、ちょっと怖いイメージを持っている方もいるかもですね!

取引所にもAPI機能がありますが、APIはそもそもなんなのか、どんな時に使うのか、調べてみましたよ(・∀・)

+++++++++++++++
こんにちわ!へっぽこZENYです!

仕事を辞めて働きたくないので仮想通貨に目をつけました♡
→働き始めました!(軍資金作りのため)

軍資金10万円からスタート!!まずは100万円を目指して大冒険♪

目標達成なるか?(・∀・)
+++++++++++++++

APIとは?

アプリケーションプログラミングインタフェースとは、広義の意味ではソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。APIには、サブルーチン、データ構造、オブジェクトクラス、変数などの仕様が含まれる。 ウィキペディア

APIは「アプリケーションプログラミングインターフェース」の頭文字をとった略。正式名称を聞いてもよくわかりませんね〜(;ω;)

このAPIの機能をわかりやすく表現すると、「自分のソフトウェアを公開&共有することができる」ということになります。つまり、ソフトウェアのシェアリングサービスみたいなものですね!

自分のソフトウェア???公開するとどうなるの???ここもよくわからないので、もっと分解して見ていきましょう。

そもそもインターフェースとはなにか

API

「インターフェース」とは「人間とコンピューターが接触する」部分を指す言葉で、基本的なIT用語です。

人間とコンピューターが上手に連携するには、双方に情報を伝達するものが必要となってきます。こう聞くとなんだかたいそうなものを想像しますが、身近なものでいえばキーボードやマウスなどもインターフェースの一種です。

自分の考えや指示をパソコンさんに受け入れてもらうためには、キーボードやマウスがなければはじまりませんよね?これがインターフェースの役割です。

インターフェース=人間とコンピュータをつなぐもの

APIはプログラミング(コードを書く)ことによってアプリケーションを開発できるサービス。プログラマーさんとコンピューターの間に立って、アプリケーションをスムーズに作れるようにするサービスという理解でOKでしょう(・∀・)

APIは公開されているソフトウェアのこと

APIは、ウェブサービス開発関連企業ではよく使われている機能です。

  • 開発中のソフトウェアをweb上に公開
  • 公開したソフトウェアに他の機能を持つソフトウェアを組み込んでみる
  • より良いソフトウェア・アプリケーションが生まれる!

自分が開発したソフトウェアを公開すると、誰かが「あ!これいいじゃん!うちのと相性良さそう!」と他システムを組み込んで使用してみてくれる。というのがAPIの主な使い方です。

メリットは0からシステムを開発する手間が省けること。時間的にも費用的にもコストを抑えることができるので、webサービスの開発に非常に重宝するものと理解しておけばOKです(・∀・)

ちなみに「オープンソースプログラム」という言葉もありますが、これはプログラムのコードも公開していることので、APIとはまた別物です。(APIはコードまでは見れません)

取引所のAPI使うとなにができるの?

「APIは公開されているソフトウェア」「ソフトウェアをマッチングさせて新たなシステムを開発できる」ことがわかりましたが、仮想通貨取引所でもAPIサービスを行なっているところがあるので、どんな時に使うものなのか気になりますよね。管理人は華麗にスルーをしていました。

が!実は、APIを使うと「自動売買システム」などすごい便利なサービスが実装できちゃったりするのです。ビットフライヤーザイフなどメインどころの取引所でもAPIが使えるように公開してくれているんですよ〜

*API使用例*

・自動売買(買値&売値を自動判断)
・アービトラージ(取引所間の相場の差で儲ける)
・オリジナルのポートフォリオや価格一覧作成
・各仮想通貨の時価総額を取得

簡単に言えば、よくチェックするような自動で価格が変動している時価総額のサイトのようなものを、APIを使うことで自分オリジナルのものも作れるよ!っていうことです。

API

自動売買システムなんかは、心理が大きく影響するトレードでも無慈悲に動いてくれるため、利益をあげるための強力なサポーターになることも期待できます。

ただしどれもコードを書く必要があるので、プログラム未経験の方はそっとしておいたほうが無難です。こんなことができるんだーと頭の片隅においときましょう。

1月のザイフ不正アクセスはAPIから漏洩

今年1月にザイフの不正アクセス事件は覚えていますでしょうか?10人程度の少人数で被害が済んだようですが、こちらはAPIキーの漏洩から起こった事件のようです。

▼CNET japan
仮想通貨取引所「Zaif」に不正アクセス–10人が不正出金される

「APIを使っている方は出金停止します〜」的なアナウンスなどが錯綜してましたが、なんだかうやむや…

APIは使いこなせるととっても便利な機能ですが、この流出などの話を聞いてもいまいちピンと来ない方は使わないことをおすすめします。

世の中には便利なサービスやアプリがたくさん開発されていますからね!こういうところから興味を持った方は、プログラミングの勉強とかしてみても楽しいと思いますよ〜♪

▼webの言語について知る/資格PLUSより
WEB業界で役立つ資格5選:プログラミング編

API機能はオリジナルのソフトウェアが作れるサービス

いまいち不明だったAPIですが、オリジナルでソフトウェアが作れる嬉しいサービスだということがわかりました。

API

仮想通貨業界はテクノロジー最先端の分野なので、知らない用語がたっくさん出てきます。不測の自体があった際にも、知識を持っているか持っていないかで全然メンタルが違ってくるので、がんばって勉強していきましょう(・∀・)

それでは今日はここまで!ごきげんよう♡仮想通貨の未来に向かって冒険続行します♪

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

今日の仮想通貨マーケット

     

どこではじめる?取引所の比較

仮想通貨は少額からはじめられることが魅力♪0.001BTC(1,000円程度)から投資可能なので無理せずお小遣いからOKです。

トレードを上手に行うには、使いやすい取引所を選ぶことが大切。購入できる通貨も違います。

今すぐチェック!

取引所の比較記事へ

▼▼ブログをメールで購読する▼▼

購読(無料)希望の方は、メールアドレス送信してください。更新の際にお知らせします。(怪しい勧誘など一切ございませんので、お気軽にどうぞ。)

141人の購読者に加わりましょう

コメントを残す