用語解説!仮想通貨の専門用語

【用語解説】「PoW/プルーフオブワーク」ってなに?PoSとPoIの違いを簡単に知りたい!

お金持ち

仮想通貨の仕組みを理解する際に「Pow」や「PoS」や「PoL」など似たような単語が出てきて、いまいちよくわかりませんよね。

別に知らなくてもいいやと思っていたけど、知ってる方が投資の際にもコインを選別しやすいし、説明を読む際にストレスがなくなります。

ということで今日は「PoW」の用語解説&ついでに「PoS」や「PoL」についても触れていきます(・∀・)

+++++++++++++++
こんにちわ!へっぽこZENYです!

仕事を辞めて働きたくないので仮想通貨に目をつけました♡
→働き始めました!(軍資金作りのため)

軍資金10万円からスタート!!まずは100万円を目指して大冒険♪

目標達成なるか?(・∀・)
+++++++++++++++

「PoW」プルーフオブワークとは?

仮想通貨の仕組みを理解する際によく出てくる単語「PoW」。これは「プルーフオブワーク」の略でアルゴリズムの一種を指す言葉です。

ビットコインは高度なデジタル技術やシステムを組み合わせて作られている、いわば「プログラミング技術の結晶=コイン」みたいなイメージ。

そのシステムの中の一つに「PoW=プルーフオブワーク」という技術も組み込まれています。

proof of work 「仕事量による証明」

英語に直訳すると「仕事による証明」になるのですが、厳密には「仕事量による証明」という意味を持ちます。

そもそも何を証明するかというと、「導き出されたデータが(認証してもいい)正しいデータかどうか」ということです。

ビットコインは決済できること、すなわちお金として機能することを目的に作られているので、「正当な取引ができること」がビットコインの全てです。

そしてこの決済を行うために必要なのが「BTC」、これは「マイニング(採掘)」によって生み出されます。

このマイニング作業で大きな役割を果たすのが「プルーフオブワーク=PoW」の技術ということを覚えておけばOKです。

  • PoW=仕事量による証明
  • BTCを生み出すのにマイニング作業が必要
  • マイニング作業時にPoWの技術が使われる

PoWは不正を防ぐ大事なセキュリティ技術

ビットコインは、超難しい計算式を解いて、誰よりも早く「正しい解答」を導き出すと、ビットコインがもらえる=マイニング成功!という仕組みになっています。

この「正しい解答」を導き出すためは最低10分かかるように設定されていますが、この10分というのは「ハッカーや不正による偽造の答えではないか」ということを証明するために最低でもかかる作業量及び時間でもあります。(サトシナカモトの論文による説)

ビットコイン欲しさのあまり、絶対にズルをして偽情報でビットコインをゲットしよう!!という人が出てくるのは予想できますよね。

ハッカー

しかしこれを防ぐのがプルーフオブワーク、すなわち仕事量による証明です。

しっかりと正しい仕事をこなしてこれが正しいと証明できなければ、ビットコインはゲットできません。さらに多くの仕事をこなした人の方がより多くの仕事をもらうことができるように作られています。

偽情報を流すことは可能かもしれませんが、誰よりも早くたくさんの仕事=計算量を偽情報でこなして、システムに「YES!!ビットコインあげる!」と言わせるのは、現実的に不可能と言われています。

すっごくざっくりですが、このようにビットコインの不正を防ぐためのセキュリティの根幹のシステムになっているのが「PoW(プルーフオブワーク)」と呼ばれている仕組みです。

  • プルーフオブワーク→ビットコインのセキュリティシステムの根幹
  • プルーフオブワークにより、偽情報を正しいと認識させるのは不可能

似ている名前のシステム「PoS」「PoI」

PoWはビットコインで使われている技術として有名ですが、アルトコインでよく利用される似たような名前のシステムに「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」「プルーフ・オブ・インポータンス(PoI)」があります。

初心者にとってはこのおかげで混乱する原因でもあるので、こちらも軽く触れておきましょう。

「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」

PoWの代替案として編み出された技術がPoSです。

PoS 「保有による証明」

通貨の保有額×保有期間で算出されるポイントにて算出された報酬が支払われる仕組みを採っています。

PoWは言ってみれば「早い者勝ち」で報酬(BTC)を得られる仕組みですが、それじゃつまらんということで、たくさんのコインを長い期間保有することで、早く参入した人でなくても報酬を得られるようにしたのがPoSです。

お金持ち

後から興味持ったけど、たくさん持ってるしずっと持ってるよ!」という人にとっては嬉しいシステムですね(・∀・)

また、PoWは現実的に不正は不可能とは言いましたが、理論上51%攻撃などの仮説などもあるので100%不可能とは言い切れません(なんでもそうですが)

なのでこういった部分を課題として改善させたのがPoSになるので、ビットコイン以降のコイン、つまりアルトコインに使われている技術と考えれば簡単です。

イーサリアムがその代表なので覚えておきましょう!

  • プルーフオブステークス=保有額と期間が大きい人向け
  • イーサリアムに使われているシステム

「プルーフ・オブ・インポータンス(PoI)」

ユーザーがどれだけそのシステムや通貨に貢献したか報酬を支払われるシステムがPoIです。

PoS 重要性による証明

こちらは採用しているのはNEMのみです。

ネムのマイニング作業は「ハーベスティング(収穫)」と呼ばれていて、1万XEM以上保有していないとその権利はゲットできません。

ハーベスティングにチャレンジするハードルがちょっと高いですが、それだけネムに貢献してよ!という仕組みですね。

PoWのような「先行利益」やPoSのような「富めるものが富む」といった格差をなくし、平等性を重視して生み出されたシステムです。

PoIについては、まずは「NEMのシステム」と覚えておけばよさそうですね(・∀・)

ネム▷【随時更新2018.1〜】ネムまとめ(特徴・将来性・その他もろもろ)※初心者必見

「PoW」「PoS」「PoI」の違いまとめ

なにやら混乱しがちですので、再確認。

  • PoW「プルーフオブワーク」・・・ビットコイン。より早くたくさんの計算をこなした人が報酬ゲット!
  • PoI「プルーフオブステーク」・・・イーサリアム。より多くより長い期間保有をしている人が報酬ゲット!
  • PoS「プルーフオブインポータンス」・・・ネム。一定数以上保有、より多く貢献した人が報酬ゲット!

またコインによってはPoWとPoSを組み合わせて使ったりすることもあるので、頭の片隅に置いておきましょう!

参考にしたURL:
wikipedia
はじめてのビットコイン
とってもやさしいビットコイン

それでは今日はここまで!ごきげんよう♡仮想通貨の未来に向かって冒険続行します♪

▼ネムが購入できる取引所「Zaif

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

今日の仮想通貨マーケット

     

どこではじめる?取引所の比較

仮想通貨は少額からはじめられることが魅力♪0.001BTC(1,000円程度)から投資可能なので無理せずお小遣いからOKです。

トレードを上手に行うには、使いやすい取引所を選ぶことが大切。購入できる通貨も違います。

今すぐチェック!

取引所の比較記事へ

▼▼ブログをメールで購読する▼▼

購読(無料)希望の方は、メールアドレス送信してください。更新の際にお知らせします。(怪しい勧誘など一切ございませんので、お気軽にどうぞ。)

141人の購読者に加わりましょう

コメントを残す