必須ツール!仮想通貨ウォレットの作り方

【wallet】リップルもペーパーウォレットで保管できるって知ってた?作り方解説

仮想通貨 ウォレット

ビットコインやイーサリアムよりも保管に困るリップル…。

今あるウォレットの中で安全性が一番高いと言われているペーパーウォレットへ移してみましたので、そのやり方をご紹介します。

使ったのは「Bithompペーパーウォレットジェネレータ」です。

可愛いリップルの保管に困っている方はぜひ参考にしてみてくださいませ(・∀・)

+++++++++++++++
こんにちわ!へっぽこZENYです!

仕事を辞めて働きたくないので仮想通貨に目をつけました♡→働き始めました!(軍資金作りのため)

軍資金10万円からスタート!!まずは100万円を目指して大冒険♪

目標達成なるか?(・∀・)
+++++++++++++++

リップルのペーパーウォレット保管方法

まずは気になるペーパーウォレットの作り方からご紹介します・

使うサイト

▼Bithomp.com(リップルペーパーウォレットジェネレータ)
https://bithomp.com/
▼RippleCharts(リップル公式チャート)
https://xrpcharts.ripple.com/#/graph

サイトそのものが信用できないと、いくら安全と言われるペーパーウォレットでも意味がありません。

今回の紹介するペーパーウォレットの作り方は、送金後の確認にリップル公式関連サイトを利用することオフラインでアドレスを作成できること、「リップル総合まとめさん」でも名前が挙げられていることなど、個人的に調べた上で採用した方法です。

リップル公式サイトできちんと取り扱ってくれればいいのに〜と文句を言いながらの作成なので、過信は禁物。皆さんもご自身で納得した上で作成してくださいね。

ペーパーウォレット作成サイトへアクセス

▼Bithomp.com(リップルペーパーウォレットジェネレータ)
https://bithomp.com/

上記サイトへ飛び、「wallet」をクリック。

bithomp wallet

一番下のペーパーウォレット欄右側「sorce code」をクリック。githubのページへ移ります。
この時左側の「wallet」を選ぶとすぐにウォレット作成ページへ飛びますが、安全性強化のためソースコードを展開して、オフラインで作成します。

※walletをクリックすると他のリップルのウォレットも選べるようになってますので、興味ある方はご確認を〜

オフラインでウォレット作成画面を展開する

githubに飛んだら右側の緑色のボタンをクリック。

github ペーパーウォレット

ミニウインドウが開くので「Download ZIP」をクリック。ZIPファイルのダウンロードが始まります。

ファイルのダウンロードが終わったら、ここでインターネット接続をオフにしてください(ブラウザは開いたままでOK)。ネット接続のない状態でオリジナルアドレスを作るためです。念のため、後ろに人がいないかも確認しておきましょう。

ネット接続をオフにしたら、ファイルを解凍(たいていダブルクリックで開きます)。その中の「index.html」をダブルクリック。ブラウザにウォレット作成画面が開きます。

ネットに接続していない状態でも、この「.html」ファイル(テキストファイル)はブラウザで見ることができます。バグとかネットが繋がったままというわけではないので安心してください。

ウォレットのアドレスを作成

ここまできたらいよいよウォレットのオリジナルアドレス作成です。

リップル ペーパーウォレット

※未使用のアドレスの作成画面です

「Generate New」をクリックすると、アドレスが生成されます。クリックするごとにどんどん変わりますので、何個でもオリジナルアドレスが作成できます。

Privateが自分だけの秘密鍵(引き出しに使う用)、Publicがみんなに見せてもOKなアドレス(送金してもらう用)です。

気に入ったアドレスになったらストップ。プリントボタンを押してプリントアウトしてください。これがマイリップルウォレットになります。

画面はすぐに消さず、この時点でいろんな方法でバックアップを作成。できれば複数バックアップをとれば安心です。

  • PCでのスクリーンショット
  • スマホでのスクリーンショット
  • テキストメモなどでパスワードをコピペ、USBへ保管
  • プリントアウト複数枚(自分用、実家用など)

注意したいのはPCのデスクトップやスマホの保管先が勝手にクラウドと同期してしまう仕様になってる方です。

クラウド同期は便利なサービスですが、秘密鍵を書いたメモ帳がネットに流出してしまう原因となります。オフラインのうちに設定等確認しておきましょう。

間違ってアドレス生成画面を消してしまった!っていう方もこの時点では何も心配いりません。まだリップルはそのお財布の中には0です。もう一度新しいアドレスで作成しなおせばOKです。

ウォレットへリップルを送金

さてここからが一番ドキドキするところです。

まず今ウォレットを生成した画面で「PUBLIC」のアドレスをコピペしてからタブを消し、ネット接続オン、リップル保管中の取引所へ行きます。

各取引所のリップル送金画面から今作ったウォレットのアドレスを入力しますので、今コピペしたパブリックアドレスをアドレス入力欄にコピペ。

手打ち入力でももちろん可能ですが、その際は目を皿にして5回くらい確認することをおすすめします。

ラベルは自分が管理しやすい名前、今回は宛先タグは特に必要ありません。金額は20XRP※の少額に設定してテスト送金します。

※20XRPの理由

リップルのウォレットは20XRPで有効化されます。この20XRPはリップルウォレットを利用するための必要経費です。
また送金手数料も少々かかりますが、もし間違ってた時のために必ずテスト送金してみてくださいね。

各取引所で送金確認方法が違いますが、送金完了とのお知らせがきたら、ちゃんと送れているか確認するために次は「RippleCharts」へ飛びます。

RippleChartsで送金完了確認/h4>

▼RippleCharts(リップル公式チャート)
https://xrpcharts.ripple.com/#/graph

RippleChartsトップページ右上の「Accounts」のアカウントエクスプローラーをクリック。

RippleCharts

すると花火みたいなグラフィック画面へ行きます。この画面のアドレス入力タブへ「PUBLICアドレス」を入力。これで自分のアドレスに送金できているか確認できます。

リップルアカウントエクスプローラー

下へスクロールすると送った金額と時間が表示されているはずです。もしなければ失敗なので確認が必要となります。

実際ものの1分くらいで反映されましたので、届かないって方は参考までに….

送金ややりとりの回数が少ないとちっちゃいまるぽっちですが、このアドレスでのやり取りが増えるごとに大きい花火へ成長するので、ぜひ育ててみてくださいね〜

管理人は基本ガチホ用なのできっと花火をみることはないでしょう…(;ω;)

 

じゃん!完成!

リップルペーパーウォレット

不安がある方はウォレットも分散

今回はリップルのペーパーウォレットでの保管方法をご紹介しましたが、他にもリップル用ウォレットはありますので、たくさんリップル持ってる方は、それぞれ分散して保存してみるのがいいかと思います。

もしどれかを失くしてしまったり、トラブルがあっても一度に全部失うといった痛ましい事件を回避できます。

ただし管理しきれないほどいろんなウォレットを持つのも考えものなので、USBやハードウェアウォレットハードウェアウォレットを上手に活用してみてください。

▽ウォレットについてまとめています(・∀・)

仮想通貨はオフラインで安全に保管!対応通貨別にわかるおすすめウォレット5選

それでは今日はここまで!ごきげんよう♡仮想通貨の未来に向かって冒険続行します♪

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

今日の仮想通貨マーケット

     

リップル関連記事一覧

どんどん拡大していくリップル♪
当サイトでもリップルに関する記事は非常に人気がありますので、一覧にまとめています。

【リップル全貌をサクッと知りたい方】

【18.06更新】リップルまとめ(特徴・将来性・その他もろもろ)※初心者必見

【リップル価格予想記事】人気!

【XRP】リップル価格予想!1XRPいくらが妥当なの?

など、リップル関連記事を他にも多数公開しています。

もっと読む

▼▼ブログをメールで購読する▼▼

購読(無料)希望の方は、メールアドレス送信してください。更新の際にお知らせします。(怪しい勧誘など一切ございませんので、お気軽にどうぞ。)

141人の購読者に加わりましょう

コメントを残す