用語解説!仮想通貨の専門用語

【用語解説】IoTと合わせて大注目の技術!スマートコントラクトの基本的な仕組み

用語解説_スマートコントラクト

イーサリアムの解説記事でよく出てくる重要ワード「スマートコントラクト」。

ビットコインとイーサリアムの機能の違いを理解する時に、スマートコントラクトについてよく知っておくととてもわかりやすく、未来を作る画期的なシステムです。

超頻出キーワードなので、仮想通貨初心者さんが最初に覚えておきたい用語の一つです(・∀・)

+++++++++++++++
こんにちわ!へっぽこZENYです!

仕事を辞めて働きたくないので仮想通貨に目をつけました♡
→働き始めました!(軍資金作りのため)

軍資金10万円からスタート!!まずは100万円を目指して大冒険♪

目標達成なるか?(・∀・)
+++++++++++++++

スマートコントラクトの基本的な仕組み

contract 「契約」

コントラクトとは英語で「契約」のこと。「ブロックチェーン上で契約をプログラム化する仕組み」のことをスマートコントラクトと呼びます。

自動で契約を履行・遂行できるとっても賢いシステム(スマートコントラクト)なんですね〜

契約

例えばなにかの売買や取引する際、ビジネスでプロジェクトを遂行する際などに、どんな時にも必ず契約が必要になってきますよね!

現状はたくさんの書類に目を通して、確認印を押して、それぞれコピーをとって双方で保管して…っていう手間ひまがかかるわけですが、これをスマートコントラクトくんが全部自動的にやってくれてしまうわけです。

スマートコントラクトはブロックチェーン上で使う技術を指すわけですが、そもそもブロックチェーンは「取引台帳」と言われ、過去の履歴を全て記録&公開していることが特徴です。

ビットコインの仕組みをわかりやすく!ブロックチェーンの重要性

このオープンで公正なブロックチェーン契約まで自動で行なってくれるスマートコントラクト技術がタッグを組むことによりできることが飛躍的に広がり、社会的なインフラとしての機能さえ持つのでは?と言われている今超注目の技術です。

もちろん契約そのものもブロックチェーン上に記録されますので、改ざんや不正を許さないクリアなシステムが完成!ブロックチェーンに記録されたデータが信用(担保)となることが大きなポイントです。

すごいですね(・∀・)

  • スマートコントラクト・・・ブロックチェーン上で契約を自動化する仕組みのこと

スマートコントラクトが使われている仮想通貨

スマートコントラクトがなぜこんなにもよく聞くワードかというと、そう!「Ethreum(イーサリアム)」が持つ特徴的な機能だからです。

ethereum-logo

イーサリアムは時価総額2位、ビットコインと同じくらい有名な仮想通貨でもありますが、多くのICOなどで使用されている仮想通貨業界で超重要なプラットフォーム

ビットコインはブロックチェーンを使った非中央集権的なコインのシステムですがスマートコントラクト技術は乗っかっていません。

ビットコインの技術をもとに、さらにスマートコントラクト技術を組み込んで契約履行までスムーズに行えること可能にしたプラットフォームが「イーサリアム」なのです。このイーサリアムの中で使用されるのが仮想通貨「ETH(イーサ)」。

今までめんどうな手続きや多くの中間業者を挟まなければならなかったところをイーサリアムが代替することによって自動・簡略化が可能となり、スムーズな契約履行・実行することができるようになってきています。

スマートコントラクトのメリット

スマートコントラクト技術を使用することで、不正がなくなったり、時間的・金銭的コストの削減ができることが大きなメリットです。

スマートコントラクト技術が発達すれば、大きな誰もが信用する機関を通さずとも、企業間もしくは個人間でのやり取りもスムーズにできるようになるからです。

・お金を払った・払ってないなどのいざこざがなくなる
・中間業者に支払ってたマージンがなくなる
・中間業者を通すことで無駄にかかっていた時間がなくなる

クリアでスピーディな取引が可能(・∀・)

簡単にいうとこんな感じです。単純にビジネス上の余計なストレスが減るのではないでしょうか。一方で本当に必要な業者だけが残り、わけのわからない中間業者は淘汰されていくことになると考えられます。

また契約書類に使っていた大量の紙が不必要になるため、環境に優しいのがスマートコントラクト技術の副産物と言えるでしょう(・∀・)

スマートコントラクト

スマートコントラクトが作る未来

ブロックチェーン技術やスマートコントラクト技術の開発が進むと、既存のインフラや銀行などが必要なくなるだろう…という話をいろいろなところで耳にします。

個人的な意見になりますが、まず技術的には可能であっても、インフラ設備が皆無になることはないだろうと考えます。もしくは非常に難しく実現可能となっても遠い未来…必ずしも中央集権的な機関がなくなることがいいことだとは思えません。

それよりも注目したいのは「IoT(モノのインターネット)」と「スマートコントラクト技術」の相性が非常に良いことです。

モノのインターネットとは、様々な「モノ」がインターネットに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組みである。それによる社会の実現も指す。「物のインターネット」と表記された例もある。現在の市場価値は800億ドルと予測されている。 ウィキペディア

ネットで生活できることが当たり前の現代社会ですが、今後はもっとネット社会が加速していくと予想されます。

IoT

パソコン、スマホ、テレビなどのAV機器関係からあらゆる家電、車、など生活必需品全てがデジタル化していくことで、スマートコントラクトでできることもどんどん増えていくはずです。

こちらのページではブロックチェーン技術を使った宅配ボックスの例が挙げられています。
→STOREShttps://stores.saison.co.jp/blog/4

ちょっとお固い記事ですがIBMのIoT活用事例について書いたページ
→IBM/ https://www.ibm.com/developerworks/jp/cloud/library/cl-blockchain-for-cognitive-iot-apps2/

今はまだ実証実験の段階で、やっと少しずつ応用され始めている…といったレベルですが、気付いた時には超爆発的に広がっているのではないでしょうか。

インターネットの急速な広がりと一緒ですね!5年後にはけっこうなレベルで活用されていることを期待できる技術です(・∀・)

ということでスマートコントラクトやIoTと関連のある仮想通貨への投資も要注目ですね〜

スマートコントラクト用語解説まとめ

ではスマートコントラクトまとめです(・∀・)

  • スマートコントラクト=契約を自動化する仕組み
  • イーサリアムに使われている技術
  • IOTと相性が良く、今後も大注目の技術

それでは今日はここまで!ごきげんよう♡仮想通貨の未来に向かって冒険続行します♪

イーサリアムはどこの取引所でも購入できます♪

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

今日の仮想通貨マーケット

     

▼▼ブログをメールで購読する▼▼

購読(無料)希望の方は、メールアドレス送信してください。更新の際にお知らせします。(怪しい勧誘など一切ございませんので、お気軽にどうぞ。)

141人の購読者に加わりましょう

コメントを残す