必須ツール!仮想通貨ウォレットの作り方

【wallet】もう困らない!リップルが保管できるおすすめwallet6選

wallet_ripple

迷いがちな仮想通貨ウォレットですが、今日はリップルのウォレットだけまとめてみることにしました。

個人的には安全度が高いと言われているペーパーウォレットに移しましたが、ペーパーウォレットは頻繁に取引したい方にとっては少々面倒…

ぜひご自分に合ったリップルウォレットを見つけてくださいね〜

+++++++++++++++
こんにちわ!へっぽこZENYです!

仕事を辞めて働きたくないので仮想通貨に目をつけました♡
→働き始めました!(軍資金作りのため)

軍資金10万円からスタート!!まずは100万円を目指して大冒険♪

目標達成なるか?(・∀・)
+++++++++++++++

リップルのウォレットはなぜ迷うか

リップルはリップル社が開発しているコインなのですが、なぜかリップル公式のウォレットがないのが悩みの種です。

正確に言うと、昔は公式サイトから配布されていたとのことですがなぜか配布終了…代わりにどのウォレットを使うかって迷ってしまうわけですね。

せっかく一企業が主導しているので、公式ウォレットが使えれば安心なのに〜と思うところですが、多くのサイトでピックアップされている比較的安心と思えるリップルウォレットを探していきます。

リップル専用デスクトップウォレット

ripple-client
※Ripple総合まとめさんより拝借

▶︎ripple-client-desktop

普段パソコンでトレードしている方におすすめなのが、デスクトップウォレット。クライアント型ウォレットとも言われています。

パソコンの中にお財布を作るので、ネット上のウェブウォレットや取引所保管よりも安全度は高いのがメリットですが、ホットウォレットの一種であることはお忘れなく。

リップルクライアントウォレットは配布を停止してしまったリップル公式ウォレットからの派生品なので使っている方が多いのが特徴です。

またウォレット経由でリップルを購入することができることも他のウォレットにはない特徴です。取引所で購入して、送金リスクを犯してリップルをお財布に移す…という面倒な手間がいらないので楽チンですね!

私事ですが、こちらのウォレットのインストールを試みたところ、githubから落として展開する時点で固まってしまったために導入していませんので、動作確認はできていません。

pc系は初動でうまくいかないと、使っていてもなんだかうまくいかないことが多いので、バッサリ選択肢から外しました(・∀・)

なので、興味ある方は「Ripple総合まとめ」さんで詳しく紹介してくれているので、こちらを参考にお願いします。
▶︎デスクトップクライアントでXRPを買う方法

リップル専用モバイルウォレット

Toast Wallet

Toast Wallet!

Toast Wallet!
無料
posted with アプリーチ

こちらもリップラーには結構有名なiOS/Androidに対応したオープンソースの無料モバイルウォレットです。

iOSならアップルならAPPストアからダウンロードできるので安心感が高いのではないでしょうか。スマホで使えるのでとっても手軽なのも魅力的ですね!

こちらのウォレットはやはりネットに接続しているスマホから使用するタイプなのでホットウォレットの一種です。ハッキングなどの危険がないとは言えません。羨ましいくらいのリップルをお持ちの方は、全額入れるのはやめたほうが無難でしょう。

ペーパーウォレットにガチホしているリップルを取り出す際にホットウォレットへ送る必要がありますが、そんな時にも「Toast Wallet」は手軽で使いやすいのがメリットです。

ぜひペーパーウォレットと合わせて使ってみてください。

リップル専用ペーパーウォレット3種

Bithompペーパーウォレットジェネレータ

リップル ペーパーウォレット

▶︎Bithomp.comhttps://bithomp.com/

こちらでも紹介しているリップル専用ペーパーウォレットです。印刷した時のデザインがお洒落で、ちょっといい紙に印刷して綺麗に折りたためば、まるでショップカードみたいな仕上がりになるのが特徴です。

こちらのウォレットは残高確認する時にはリップル公式関連サイトを使用します。頻繁にやりとりする必要がない方はペーパーウォレットでの長期保管がおすすめです。

難点は秘密鍵をなくしてしまうと絶対に取り出せないこと。万が一に備えて必ず複数バックアップを取っておくことが保管のポイントです。

▽詳しい作り方はこちらで紹介しています
【wallet】リップルもペーパーウォレットで保管できるって知ってた?作り方解説

ペーパーウォレットジェネレータその2

リップル ペーパーウォレット
※勇者コインさんより拝借https://brave-coin.com/xrp-paper/

▶︎ripply-paper-wallet https://github.com/tagawa/ripply-paper-wallet

リップル専用ペーパーウォレットその2です。ビットコインでおなじみbitaddressのペーパーウォレットと似ていますね!

ビットコインのペーパーウォレットをお持ちの方は、形を揃えて保管しやすいのではないでしょうか。基本的な使い方は先に紹介したリップルペーパーウォレットとおんなじです。

githubからダウンロード、オフラインで展開、できたアドレスを印刷保管、そして送金して完了です。

しかしこちらに関しても我がMACでは風車マークがくるくるくる…となぜかうまくいかなかったので却下、画像も拝借させて頂きました。

ペーパーウォレットジェネレータその3

ペーパーウォレットジェネレータ

▶︎Ripple Paper Wallet Genaraterhttp://ripplepaperwallet.com/

リップル専用ペーパーウォレットその3です。こちらのウォレットはシンプルで簡単、初心者さんが一番作りやすいペーパーウォレットです。

ネットオフしてもこちらのページは表示されたまま、新しいアドレスを作成することが可能です。

なので先にあげた2つのペーパーウォレットのようなgithubからダウンロードして〜…ていう作業が不要なので、速攻ウォレットが作成できます。

印刷も画面をそのままプリントアウトすればOK。簡単にスピーディに作りたい方はこちらのウォレットを活用してみてくださいね。

リップルも保管できるハードウェアウォレット

LedgerNaonoS



Ledger NanoS

今をときめくウォレットといえば、こちらのハードウェアウォレットです。ハードウェアウォレットのメリットは、一つのウォレットでさまざまな通貨の秘密鍵を保管できることです。

レジャーナノエスはリップルの保管も可能なので、他のコインと一緒に管理したい方は手っ取り早いのでおすすめです。

ハードウェアウォレットはとても安全性が高く便利なので人気がありますが、やばいショップから購入するとスキャムに合う危険性も0ではないらしいので、必ず公式ショップもしくは正規代理店で購入するようにしましょう。

※上に貼ってあるリンクは公式代理店のものです。

各種ウォレットの上手な使用方法

調べてみると有名どこだけでも6つもウォレットがあることが判明しました。そのうちペーパーウォレットは3つ。上手に使いまわせると便利です。

ホットウォレット
【デスクトップ】ripple-client-desktop
【モバイル】Toast Wallet

コールドウォレット
【ペーパー】リップルペーパーウォレットジェネレーター3種類
【ハードウェア】レジャーナノエス

大きく分けてホットウォレットとコールドウォレットの2種類。

安全な保管を目的とした前提では、「コールドウォレットで保管→取り出したい時にホットウォレットに移動」流れになります。

コールドウォレットからリップルを取り出す時には「直接取引所に送金すればいいじゃん〜」と思うかもしれませんが、作成したウォレットのアドレスと秘密鍵を入力しないと引き出せませんので、取引所に直接送るってことはできません。

すなわちコールドウォレットには送金する機能がないって考えれば簡単ですね。秘密鍵を知るものだけが引き出せるのです。

各種ウォレットの注意点

ペーパーウォレットはとっても便利でお札と一緒って考えればとっても気が楽なのですが、引き出しに使ったペーパーウォレットは使えなくなります。

引き出し=ホットウォレットに移動させるということなので、この時点でペーパーウォレットは空っぽです。つまり、アドレスが移動させたホットウォレットに移ってしまっている状態です。

※追加入金してしまっても無効になるわけではなく、移行したホットウォレットへ着金するとのことです。

さらにリップルウォレット全般に言えることはウォレットを使うのに20XRPが費用としてかかるということです。

取り出す際もこの20XRPは動かせませんので、必要経費として割り切りましょう〜。ウォレットを作った数×20XRPが必要経費で消えます(・∀・)

  • 一度引き出したペーパーウォレットは使えない
  • どのウォレットも20XRPが使用料でかかり、動かせない

いますぐリップルをウォレットへ保管!

初心者が一番簡単で安全なのはペーパーウォレットです。印刷するだけであっという間に世界で一つのウォレットが完成します♪

いろんなコインをすでに持ってる方はハードウェアウォレットが一番使い勝手がよいと思いますので、ご自身に合わせて選んでくださいね。

▼ハードウェアウォレットを購入する
Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

管理人も移動させるまで送金リスクを考えてハラハラドキドキでしたが、終わってしまえばむやみにトレードしようとかGOXにあったらどうしようとかムダな心配が減り、長い目で育っていくといいな、と考えれるようになりましたよー!

ウォレットについてはこちらでもまとめていますので、ぜひ見てみてください(・∀・)

仮想通貨はオフラインで安全に保管!対応通貨別にわかるおすすめウォレット5選

それでは今日はここまで!ごきげんよう♡仮想通貨の未来に向かって冒険続行します♪

 

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

今日の仮想通貨マーケット

     

リップル関連記事一覧

どんどん拡大していくリップル♪
当サイトでもリップルに関する記事は非常に人気がありますので、一覧にまとめています。

【リップル全貌をサクッと知りたい方】

【18.06更新】リップルまとめ(特徴・将来性・その他もろもろ)※初心者必見

【リップル価格予想記事】人気!

【XRP】リップル価格予想!1XRPいくらが妥当なの?

など、リップル関連記事を他にも多数公開しています。

もっと読む

▼▼ブログをメールで購読する▼▼

購読(無料)希望の方は、メールアドレス送信してください。更新の際にお知らせします。(怪しい勧誘など一切ございませんので、お気軽にどうぞ。)

141人の購読者に加わりましょう

コメントを残す