コイン別に知りたい!仮想通貨【銘柄】情報

【2018.03更新】イーサリアムまとめ(特徴・将来性・その他もろもろ)※初心者必見

イーサリアムまとめ

ビットコインと並んで人気がある仮想通貨「イーサリアム」。万年2位というのがなんともいじらしい。

イーサリアムが安定したポジションを確保しているのは、どんな理由があるのでしょうか?

イーサリアムの基本的な仕組みや価格予想をまとめていきます(・∀・)個人の主観大アリです。

 

イーサリアムの特徴

ethereum-logo

イーサリアムは仮想通貨の中では比較的古いコインに分類されます。

ビットコインからアルトコインに乗り換える際にイーサリアムを選ぶ方も多く、「貯金のつもりで投資するならイーサリアムがおすすめ」と言われることが多いのが特徴です。

プラットフォームを「ehtereum(イーサリアム)」、イーサリアムの中で使われる通貨が「ETH(イーサ)」です。

時価総額

イーサリアム 時価総額
出典:CoinMarketCap

イーサリアムの時価総額は第2位です。

万年2位なのが愛くるしいですが、2017年末のリップル暴騰で一時2位の座を明け渡したこともありますが、すぐに奪還、今のところ一安心です。

特徴その1:発行上限枚数がない

ここで早くもイーサリアムの特異な性質を紹介します。

仮想通貨は発行上限枚数があり、それに応じて1枚あたりの価値(金額)が決まるように考えている方も多いと思いますが、イーサリアムはまるで正反対、発行上限枚数が決まっていないことが大きな特徴として挙げられます。

例えばビットコインは2,100万枚、リップルは1000億枚の発行が上限とされています。

各コインの性質で違いはありますが、決められた枚数以上の発行はないというのが仮想通貨の定番スタイルです。

ビットコインならマイニングが終了した時点で新規発行なし、ということはダイヤモンドみたいなプレミア感が出るのでみなさん必死にビットコイン集めをしていると言えるでしょう。

しかし!イーサリアムは初期段階で「7200万枚」発行され、その後は増えつつ、何枚までイーサが増えるか不明確です。

ビットコインの論文を発表したサトシナカモト氏が、なぜ仮想通貨に発行上限を儲けたのかということの真相が知りたくなりますよね〜。

イーサリアムは「バリュー感がありすぎる」などとも言われていますが、この発行枚数上限がない性質はこんなところにも影響しているのでは…と思われる特徴です。

特徴その2:ICOに使用されるプラットフォーム

イーサリアムは「アプリケーション開発に使用できるプラットフォーム」、これがビットコインと違う大きな特徴その2です。イーサリアムで使われる通貨単位が「ether(イーサ)」です。

ICOやエアドロップなどに参加する場合には、新規立ち上げプロジェクトに参加することになりますが、その新規プロジェクトはイーサリアムのプラットフォームを利用して開発される場合がものすごく多いです。

例えば、コインチェックで取り扱いのある予測市場を実現する「Augar」も、このイーサリアム上に構築されています。

これはイーサリアムが支持されている大きな理由です。イーサリアムがこけたら、そのシステムの上に組まれているプロジェクトは全てコケると言っても過言ではありません。

多くのプロジェクトがイーサリアムを元ネタとして使っているということは、それだけ使いやすいということでもあるのでしょう。

個人的には、このイーサリアムプラットフォームが使われていることのメリットは、万が一イーサリアムそのものに欠陥やトラブルがあった場合だと思っています。

イーサリアムのシステムを熟知しているプログラマーがいればいるほど、助けてくれる仲間と豊富なアイディアが集められ、トラブル解決も容易になることでしょう。きっとどこかに素晴らしいアイディアを持ったプログラマーが隠れているはずです。

誰も使わないプラットフォームよりも、使用規模が大きれば大きいほど発展していくことは間違いありません。未来のヴィタリックブリテンに期待しましょう。

イーサリアムの開発者

ヴィタリックブテリン(Vitalik Buterin)は、イーサリアムの生みの親。世界に影響力のある50人にも選ばれた、イーサリアムを開発した天才プログラマーです。

ヴィタリックブテリン

なにを隠そう彼がすごいのは現在23歳、イーサリアムの開発を始めたのは19歳の時だということですので脱帽ものですね。

彼はほんとはリップルに行きたかったらしいという小ネタも。

彼はなんでも小学校3年生の時からプログラミングを初めていたそうです。そんな世代がうようよいるかと思うと、未来が末恐ろしい…。

構想を作ったヴィタリックが一番有名ですが、共同開発者にギャヴィンウッド(Gavin Wood)、ジェフリーウィルク(Jeffrey Wilcke)がいることもお忘れなく。

イーサリアムの将来性

イーサリアムは先にもちょっとお話ししたように、「イーサリアムがこけたら全部コケる」と言われるくらい仮想通貨業界ではキーとなるプロジェクトです。

なので本当に世界中のいろんな人たちが固唾を飲んでイーサリアムの行く先を見守っています。

過去に「DAO事件」という超有名なイーサリアム関連の事件があったのですが、それも乗り越え今も時価総額2位。

2017年はビットコインの年、2018年はイーサリアムの年と言われていますので短期的(といっても今年1年くらい)はまだまだこれからといったところで、価格上昇にも期待が持てると言えます。

イーサリアムが巻いてきたいろんな種が芽を吹き出すのではないでしょうか。

ロードマップ

編集中

DAO事件

編集中

イーサリアムの価格予想

編集中

イーサリアムのウォレット

イーサリアムも他のコイン同様、ウォレットで保管が安全です。一番有名なのが「MyEtherWallet(マイイーサウォレット)」。公式サイトでも使用が推奨されています。

マイイーサウォレットはICOやエアドロップで配布される多くのプロジェクトのコインにも対応しているので、仮想通貨トレードに本腰を入れる方は必須ツールとなります。

詳しくは以下で紹介しているのでご確認ください。

【Wallet】MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の作り方

イーサリアムの公式サイト一覧

▼イーサリアム公式サイト
https://www.ethereum.org/

▼公式Twitter
https://twitter.com/ethereumproject

▼公式Github
https://github.com/ethereum

▼ホワイトペーパー
https://github.com/ethereum/wiki/wiki/%5BJapanese%5D-White-Paper

イーサリアムが買える取引所

イーサリアムはビットコイン同様、ほとんどの取引所が取り扱っています。

中にはJPYでの購入ができない取引所もありますので、自分の使いやすい取引所での購入をおすすめします。

ビットフライヤー(BTC/JPY)
Zaif(BTC/JPY)
Quoinex(BTC/JPY)
DMMコイン(BTC/JPY)
GMOコイン(JPY)
ビットバンク(BTC)
バイナンス(BTC)

バイナンスはイーサリアムの取引は可能ですが、海外取引所なので直接JPYの入金ができません。

最初に取引を行う場合にはBTCかETHで購入することになるので、国内取引所でイーサを購入→バイナンスへ送金する方法が一般的です。

イーサリアムの未来に期待

イーサリアムは仮想通貨業界のトップを走るプロジェクトなので、情報がありすぎて一度では書ききれないので随時更新していきます。

イーサリアムのキーワードは「スマートコントラクト」!スマートコントラクトについて解説してくれている本もぜひ手に取ってみてくださいね。

それでは今日はここまで!ごきげんよう♡仮想通貨の未来に向かって冒険続行します♪

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

今日の仮想通貨マーケット

     

▼▼ブログをメールで購読する▼▼

購読(無料)希望の方は、メールアドレス送信してください。更新の際にお知らせします。(怪しい勧誘など一切ございませんので、お気軽にどうぞ。)

141人の購読者に加わりましょう

コメントを残す