チャート攻略!仮想通貨投資のお勉強

【トレード実践日記:休憩】使いやすいチャート画面はどういうの?国内6取引所を比較

トレード実戦日記チャート比較

こんにちわ!へっぽこZENYです!ここでお勉強はちょっと休憩。

ローソク足の見方とかテクニカル分析って意外と面白いかも!と興味を持ててきましたか?

すでに取引所を使っている方も多いと思いますが、改めて各取引所のチャート画面のデザインや使い心地をチェックしてみます。

チャート画面の見やすさもトレードを行う上でとっても大切なので、参考にどうぞ(・∀・)

仮想通貨取引所のチャート画面比較

金融庁認可済み、管理人が実際に口座開設済みの以下の国内取引所を比較します。

・ビットフライヤー
・ザイフ
・ビットバンク
・コインエクスチェンジ
・DMMコイン
・GMOコイン

チャート画面はいろいろ機能があって、どの取引所も使い倒すと自分の好みの画面になるのですが、とりあえず初期画面にて比べていきますよ(・∀・)

ビットフライヤーのチャート画面

bitflyer lightning

ビットフライヤーは、アカウント内から「bitflyer lightning」という項目をクリックするとチャート画面に飛ぶことができます。

 

オレンジカラーのチャート画面がおしゃれ!移動平均線とかいろんな指標が最初から表示されています。

チャットやニュースもデフォルトで表示されているし、文字の大きさとかも適切ですごくわかりやすく、さすが大手といえるほどのチャート画面です。

無理なく、嫌味なく、デザインは崩さずに情報が網羅されてぎゅっと詰まっています。

見やすさに加え、最大の特徴は「」。ピロリンピロリンカチカチカチカチ音がなりっぱなし。

他の取引所と併用する時には音でタイミングをキャッチできるので使いやすいことでしょう。

 

正直ビットフライヤーはスプレッドが広くて使っていなかったのですが、ビットコインFXをする時には絶対使いたいチャート画面です(・∀・)

ザイフのチャート画面

ザイフ チャート画面

ザイフのチャート画面はこちら。非常にシンプルなデザインです。白背景に赤と青のローソク足。

左のパネルからトレンドラインとか好みで表示させることができますので、カスタマイズして使っていく感じになります。

シンプルなので初心者にとっては使いやすいですが、ちょっと慣れてくるとトレードしてる感はちょっと物足りないかもしれません。

やっぱり黒い背景に取引の数字がチラチラ動いて「わたし売買してる!」感ほしいですよね。

ただ、ネムとかモナコインも指値注文できるのが魅力なので、ビットコインにこだわらず売買したい方はザイフ一択になります。

ビットバンクのチャート画面

ビットバンク チャート画面

個人的にトレード初期に触ってみて一番使いやすかったbitbankのチャート画面がこちら。

トレードしてる感ある黒背景のチャート画面ですが、機能がありすぎず非常にシンプルで初心者でもビビらずに使えることが魅力です。

リップルが指値注文できることで有名ですが、少しでも安く買い集めたいという風に使う程度ならこのくらいシンプルで全然問題ありません。

あまりごちゃごちゃしてても初めは混乱するだけです。

こちらもパネルからトレンドラインを引いたりカスタマイズ可能なので、もっとレベルがあがっても十分対応してくれますよ。

bitbank公式サイト

コインエクスチェンジのチャート画面

コインエクスチェンジ チャート画面

QUINEX(コインエクスチェンジ)のチャート画面がこちら。赤と緑がベースでパッと見ビットバンクに似てますよね。

デザイン的には別に悪くないんですが、チャートの使い方に慣れていないとはっきり言って超使いづらいのです。初級者はあまりおすすめしません。

ただ、カスタマイズ度が非常に高く好みのワークスペースを作れるので、本格的にトレードをしたい方には逆におすすめ。

ほとんど全部がカスタマイズ可能なので、完璧に自分好みに作り上げたらめちゃめちゃ使いやすくなるかもしれませんね!

ビットコインなら【QUOINEX】

DMMコインのチャート画面

DMMコイン チャート画面

DMMコインも上級者向けのチャート画面となっています。

まずローソク足チャートがデフォルトで出てきません。こちらもどんどんカスタマイズして自分好みに作り上げるスタイルです。

お洒落さよりも機能性を追求している感じがするので、がしがしトレードしていきたいという人向きのチャート画面です。

あと個人的にはDMMのショッキングピンクのロゴが入っていると、大人の男性向けサイトを見てるのかと思われそうで…パソコン覗かれたらドキッとしちゃうかもしれません…

GMOコインのチャート画面

GMOコイン チャート画面

【GMOコイン】は上場企業グループ&販売所形式なので、初心者が最初に仮想通貨を始めるのに一番おすすめの取引所です。

チャート画面はデフォルトで移動平均線が引かれているのでチャート感ありますね。クリックひとつでボリンジャーバンドなども表示できて簡単なのが魅力です。

また他取引所と違って、チャートそのものがバンッと出てくるので注文は別タブやスマホを駆使して使用することになりますが…

めんどくさっと思う前に。GMOコインはスマホアプリの評価が超高いのです(・∀・)スマホのチャートがまじで見やすいと。

初心者さんでも2画面見つつ素早く注文出す…!!というプロさながらの行動が自然と取れちゃいますよ。

【GMOコイン】公式サイト

使いやすい取引所を見つける

単にチャート画面といっても、全然違うことがわかりましたね!(・∀・)

シンプルでわかりやすいチャート画面から慣れていけばOKです。

【初心者向け】
・ザイフ
・ビットバンク
・GMOコイン

【中級者以上向け】
・ビットフライヤー
・コインエクスチェンジ
・DMMコイン

意外と色が違うだけで自分の感覚も変わってきますし、誤操作などもしにくくなるので、好きか嫌いかで選んでもOKだと思います。

また今回出てきた移動平均線やらボリンジャーバンドについても勉強していきますので、興味がある方はぜひそれぞれのサイトでチェックしてみてくださいね!

【初心者専用】取引所の比較と口座開設

まとめ

管理人が個人的に一番使いやすいのはbitbank。さらに、イーサを指値JPYで買いたいのと勉強のためにコインエクスチェンジを使ってます。

改めてまとめてみて、FXするときはビットフライヤーがいいなぁと思ってます。デザイン的に一番見やすくておしゃれ(・∀・)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

チャート画面の見やすさと、取引所全体の使いやすさや買いたいコインがあるかどうかは必ずしも一致しないので、3つくらい取引所を持っておくと満遍なくカバーできます。

口座開いて使わなかったからって何かペナルティがあるわけでもないので、管理人は一通りアカウントを作ってコツコツと勉強を進めています。

▽前回までの記事はこちらから。

【トレード実践日記vol.1】投資スタイルを決める
【トレード実践日記vol.2】テクニカル分析とファンダメンタル分析
【トレード実践日記vol.3】ローソク足の見方
【トレード実践日記vol.4】「陽線」の種類と見方
【トレード実践日記vol.5】「陰線」の種類と見方

それでは今日はここまで!ごきげんよう♡仮想通貨の未来に向かって冒険続行します♪

雰囲気トレードを卒業して、チャート分析によるトレードを1から勉強することにしました。売買でまずは1万円利益を出すことが目標!

できる限り手間を減らして少しずつ利益を積み重ねていくことがモットーですので、初心者の方も無理なく真似していただけるかと思います。

0から始めて、3ヶ月でトレード知識100コ身に付けることを目指します(・∀・)

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

今日の仮想通貨マーケット

     

▼▼ブログをメールで購読する▼▼

購読(無料)希望の方は、メールアドレス送信してください。更新の際にお知らせします。(怪しい勧誘など一切ございませんので、お気軽にどうぞ。)

141人の購読者に加わりましょう

コメントを残す