コイン別に知りたい!仮想通貨【銘柄】情報

【2018.5月更新】ビットコインキャッシュまとめ

ビットコインキャッシュまとめ

ビットコインからハードフォークして誕生したビットコインキャッシュ。生まれてまだ一年もたっていないですが、時価総額は3位から4位あたりをうろうろしている要注目コインです。

ビットコインキャッシュはそもそもビットコインからなぜ分裂したのか、ビットコインと比べてどこが違うのか、将来性はあるのか、など、随時更新にてまとめていきます。

ビットコインキャッシュとはどんなコイン?

ビットコインキャッシュは2018年5月現在、時価総額第4位、発行枚数は2,100万枚、単位はBCHもしくはBCCです。初心者の方は、ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH,BCC)と混乱して売買しないように気をつけましょう。

仮想通貨の時価総額___CoinMarketCap

ビットコインキャッシュの時価総額は、仮想通貨王者のビットコイン、不動の2位イーサリアム、グッドニュース連発のリップルについでにの第4位の時価総額と大健闘中。誕生から1年もたっていないアルトコインとしては異例の注目だと言えるでしょう。

ビットコインキャッシュが誕生した経緯

ビットコインキャッシュは昨年、2017年8月にビットコインからハードフォークして誕生したコインです。2017年はハードフォーク祭りにて、たくさんのコインが分裂により誕生しましたが、その中でも一番成功株のコインとも言えるでしょう。(→ハードフォークがわからない方はこちらへ)

ビットコインからのハードフォークで誕生したビットコインキャッシュですが、すでにその時にビットコインを持っていた人には同量のビットコインキャッシュが配布されたことが、一番の特徴です。2017年8月にビットコインを100万BTC持っていた人は、タダで100万円BCHもらえたわけですね。うらやましい(・∀・)

このような経緯を辿ったこともビットコインキャッシュがマーケットを拡大できた最初の要因とも言えるでしょう。

しかしこのせいで、随分前に破綻したあのマウントゴックスも大量のビットコインキャッシュを保有しているわけです。最近では、マウントゴックスの大量売りがマーケット暴落に影響を及ぼしているとよく耳にしますが、ビットコインキャッシュにも同様のことが言えるので、BCHを持っている方は注意しておいた方がよさそうです。

BTCとBCHの違い

ビットコインからハードフォークしたコインなので、「え、でも基本一緒でしょ?」「王道ビットコインの方が安全じゃない?」「何が違うの?」と思う方も多いことでしょう。

ビットコインキャッシュへ分裂した経緯にはいろいろありますが、「スケーラビリティ問題」が一番の理由です。

=BCHにハードフォークした理由=
「スケーラビリティ問題」

スケーラビリティ問題とは、ブロックチェーンのブロックそのもののサイズの問題です。

ブロックサイズが小さければ処理能力が小さい(遅い、限界がある、など)、ブロックサイズが大きければ処理能力が大きい(早い、たくさん取引できる、など)。

スケーラビリティ問題について調べるとノードだハッシュだといろいろ難しい専門用語が伴ってちょっと初心者にとってはレベルが高い話になってしまいますが、要は、90年代初期のパソコンと2018年のパソコンどっちがいろいろできて快適かっていうのとおんなじです。

ビットコインキャッシュとビットコインの比較については、常にこのスケーラビリティ問題の話題が付いて回ります

ビットコイン

 

スケーラビリティ問題を改善させることによるメリットは、

・仮想通貨人口が多くなって取引数が多くなっても快適な処理ができる
・つまり送金遅延などの問題が解消される

といったことが挙げられます。

その他にも「マイニング報酬」や「難易度調整アルゴリズム」などさまざまな理由がハードフォークの原因として挙げられているので、気になる方は調べてみてくださいね(・∀・)

  • ビットコインキャッシュはビットコインの改良版

とのイメージで基本的には問題ないでしょう。

ビットコインキャッシュのブロックサイズ

スケーラビリティ問題が発端だということがわかったので、ビットコインとビットコインキャッシュの違いを調べます。

・BTCのブロックサイズ:1MB(1,000KB:キロバイト)
※処理にかかる時間:10分

・BCHのブロックサイズ:8MB(8,000KB:キロバイト)
※処理にかかる時間:10分

ビットコインキャッシュの基本的な仕組みはビットコインと同じなので発行枚数もブロック生成時間も同じです。(※中には10秒〜という記事も見かけましたが…もっと調べる予定)

単純にブロックサイズが8倍になったことで8倍の処理ができるということで、けっこうな改善だと思いますが、なんと!

2018年5月にさらなるハードフォークにてブロックサイズ引き上げが!

2018年5月BCHハードフォーク
ブロックサイズ:8MB→32MBへ引き上げ

さらに4倍ものブロックサイズ引き上げです。格段に処理能力向上を目指している模様です。このレベルは、すでに浸透しているPayPal(ペイパル)と同レベルになるとかなんとか。

ビットコインキャッシュが注目されているのは、こういった理由からですね(・∀・)

これからまだまだアップデートがある予定ですが、その度に取引所などで送金停止などの措置が取られたり取られなかったりあるので、毎回きちんと確認しておくようにしましょう!

BCHがコンビニで使えるようになる?

BCHは仮想通貨の急速な拡大を目指すエンジェル投資家ロジャーバー氏も推しコイン。

ブロックサイズ引き上げ等どんどん押し進めるBCHの目的は、リアルな世界で決済手段として使われることです。この点においてBTCと比較してBCHに軍配が上がります。

「BCHコンビニ決済説」とロジャーバー氏についてはこちらで。

【銘柄情報】噂の真相はいかに。BCHがコンビニ決済可能になる説。

ビットコインキャッシュが購入できる取引所

ビットコインキャッシュのこの猪突猛進ぶりに、「今後、ビットコインキャッシュが基軸通貨になるのでは?」と仮想通貨業界ではまことしやかに噂されています。

bitcoin

2018年5月現在では、BCHを支持しているSBIバーチャルカレンシーズの動きにも注目が集まっていますが、今BCHが購入できる取引所は以下になります。

1、bitbank・・・日本円で購入可能
2、ビットフライヤー・・・販売所形式
3、QUOINEX
・・・日本円で購入可能

bitbankは、リップルが指値注文できることでも有名な取引所です。日本円でビットコインキャッシュの購入が可能ですが、チャート売買しかできないので、本当に初心者さんはビットフライヤーの販売所形式での購入がおすすめです。(逆にチャート売買では日本円での購入はできません。)
QUOINEXもビットバンク同様チャート売買のみになりますが、日本円での購入が可能ですが中級者以上向きです。

初心者さんは、何かと便利な「ビットフライヤー+ビットバンクかQUOINEX好きな方」合わせて2つ口座を開設しておくのがおすすめです。

▽国内取引所についてまとめた記事もどうぞ
【初心者さん専用】仮想通貨取引所の比較と口座開設の仕方

ビットコインキャッシュの将来性と価格

編集中

※管理人はビットコインにはほとんど興味なくビットコインキャッシュ俄然推しです。

ビットコインキャッシュ関連サイト一覧

ビットコインキャッシュの情報収集に欠かせないサイト一覧です。ご自分の使いやすいツールでフォローしておくと便利です(・∀・)

▽ビットコインキャッシュ公式サイト
https://www.bitcoincash.org/

▽ビットコインキャッシュホワイトペーパー
https://bitcointalk.org/index.php?topic=2040221.0

▽ビットコインキャッシュソースコード(githab)
https://github.com/collincrypto

▽ビットコインキャッシュチャート(CoinMarketCap)
https://coinmarketcap.com/currencies/bitcoin-cash/

▽ビットコインキャッシュwikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5

ビットコインキャッシュまとめ

ビットコインキャッシュについてもっともっとまとめたいことがあるので、この記事は随時更新にしたいと思います。また見てね。

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

今日の仮想通貨マーケット

     

▼▼ブログをメールで購読する▼▼

購読(無料)希望の方は、メールアドレス送信してください。更新の際にお知らせします。(怪しい勧誘など一切ございませんので、お気軽にどうぞ。)

141人の購読者に加わりましょう

コメントを残す