チャート攻略!仮想通貨投資のお勉強

【トレード実践日記vol.12】超初心者が覚えておくべき投資の基本用語まとめ

トレード実戦日記vol12

こんにちわ!へっぽこZENYです!

前回はbitbankを使って、どのようなツールがチャート画面に搭載されているのかを確認しました。

今回はロング、ショートなどの基本単語から再確認。今でこそ当然でも、始めた当初は知らない用語ばかりだったので初心者の方でもわかるようにまとめました。

なんとなくで曖昧にしている単語や、お手本にしているトレーダーの言っている意味をなくせるように、少しずつ知識をつけていきましょう(・∀・)

今日のトレード知識:チャート分析専門用語

基本中の基本!ロング&ショート

チャートで投資をするなら基本中の基本ワードと言えば、ロングとショート

・ロングは上昇トレンドの時に、相場の上昇を期待してポジションを持つこと。
・ショートは下降トレンドの時に、相場の下降期待してポジションを持つこと。

現物売買では基本的にはロングでの取引しかできませんが、FX(後述)に参戦する場合はショートという下がり相場でも利益を出せる素晴らしい仕組みを利用することができます。

ロングとショート

相場は基本的に上昇を期待して投資するものなので、初心者の基本戦法はロング。ショートは危険なのでちょっと上達してからがおすすめです。

初めて取引所登録した時はロングとショートも知らなかったな〜。

取引方法の違い:現物売買&FX

現物売買はその名の通り、手持ち現金分をビットコインに変えて売買する方法です。価格100万円のビットコインを1万円で買いたければ0.01BTCに交換することになります。

ビットコインの価格が200万円になれば0.01BTCは2万円の価値に、ビットコインの価格が0円のなれば0.01BTCは0円になります。

次にFXです。FXという言葉は有名なので知っている方も多いですが、けっこう悪魔的な仕組みの売買方法です。

ビットコインFXでは、「証拠金」といういわゆる担保となる現金を取引所に預けることで手持ち現金の何倍ものビットコインを売買することができます

例えば先ほどの例で言えば、現物売買では1万円分しかビットコインを変えなかったところ、レバレッジを10倍にすれば10万分のビットコインを購入することができます。

相場が上がればもちろん利益も10倍(・∀・)ですが、相場が下がれば負債も10倍=>借金になる可能性ありです。このことから初心者は手を出さないほうが賢明だと言われることの多い売買方法です。

このFXでは先ほど紹介したショートという方法が使えるので利益を出せるチャンスは多いですが、最大のデメリットはロスカット現物であれば下がっても売らなければ上がる日をじっと待つという方法が取れますが、FXはある一定のラインを下回ったら強制的にマーケットから撤退させられます。

仮想通貨 原資

ビットコインはまだまだこれから伸びると言われてることに加え、相場の値動きも株とは比べ物にならないくらい大きいので、FXをしなくても十分利益が出せるので、リスクを抑えたい方は現物売買がおすすめです。

ちなみにFXのロスカットとセットの追証(借金の元凶)ですが、ビットコインFXの場合はこの制度がない取引所もあります。

追証はロスカットで強制退場させられないために証拠金を追加入金しなければいけないのですが、この制度があると破産者続出の危険があるので、ビットコイン業界ではこの制度を廃止している取引所もあります。

※追証制度がない取引所

Zaif
GMOコイン

売買に入るタイミング:順張りと逆張り

売買を行う時に、ビットコインを購入するタイミングがありますよね。俗に「インする」などと言いますが、

相場が上昇し始めた時に流れに乗ってインする売買を「順張り」、相場が下降しているがそろそろ上がるだろうと期待してインすることを「逆張り」と言います。

仮想通貨開始当時は順張り=ロング、逆張り=ショートだと思い込んでいたのでみなさんご注意くださいませ(・∀・)

順張りは上昇途中で購入するためすぐ利益が出ますが、買った途端に下降に転じる高値掴みのリスクが、逆張りは上がると期待したのにまだまだ下がって損切りすらしたくない…というリスクが伴います。

これらを適切なタイミングで見極めるために、テクニカル分析を頑張って勉強するのです。

買い増しチャンス:押し目買い

相場は常に上下運動していますが、上昇トレンドの場合も同じく上下運動を繰り返しています。

この上下運動をうまく利用した購入方法を「押し目買い」と言います。上昇トレンド時に一時的に下がった時が狙い目です。

一般的には上昇トレンド時には、移動平均線の上にローソク足がある場合が多いので、移動平均線から大きく離れたと思ったら移動平均線付近(サポートライン)あたりまで戻ってきたよーという時がチャンスだと言われています。

投資スタイル:デイトレードやスイングトレード

テクニカル分析を使ってビットコインをする場合には、短期売買なのか長期保有なのか、こういった各スタイルにも名前がつけられています。

・スキャルピング・・・超短期売買方法。数円・数秒というわずかな利幅を狙って、何度も売買を行うことで利益を積み重ねていく投資スタイル
・デイトレード・・・数分〜1日の間にトレードを完結させる投資スタイル
・スイングトレード・・・数日間~数週間(数ヶ月)という短期で売買を行う投資スタイル
・ポジショントレード・・・数週間〜数ヶ月かけて中期的に保有&取引する投資スタイル
・ガチホ・・・とりあえずがっちり長期保有する投資スタイル

スキャルピングやデイトレードはFXでレバレッジをかけて大きな額を動かして利益を生み出す方法をとる人が多いです。1億円売買に使えれば1円上がっただけで….(・∀・)

そして仮想通貨に多いのがいわゆるガチホ。値動きが大きい、仮想通貨はまだ始まったばかりだという信念の元、絶対手放さないという戦法でたくさんのおくりびとが出現しているので侮れません

とはいいつつ、仮想通貨誕生初期から始めてる人は先見の明があったわけで(ただ単に面白いからとかも立派な理由)、これからは大手機関がどんどん参入してくるので、テクニカルの勉強は多少なりともしておくべきでしょう!

 

売買ポイント:利確と損切り

基本的にはみんな儲けるために投資をしているので、これが最も重要で難しいところです。

利確(利益確定)と損切り(ロスカ)のポイントを決めるのは自分しかいませんので、これはもう機械的に自分で決めてしまうのが一番です。

管理人が仮想通貨を買った時は、買った途端爆益で利確なんていつするの?なんでするの?税金持ってかれるだけじゃん。と思ってましたが、いったん下がってくると利確(ロスカ)ポイントを決めるのが非常に難しいことに気づきました。

例えば、購入した時の金額より30%上がったら利益確定、10%下がったら損切りと決めてしまうことで、弱い心に打ち勝つことができますし、あーー売らなきゃよかったーーーなど思い悩むこともありません。

利確と損切りも自分の納得いく方法を見つけておくこともテクニカル分析の大切なポイントです。

ビットコイン 一攫千金

基本用語まとめ

厳密にいうと単語の説明でない部分も入ってしまいましたが、投資のスタイルにはいろいろあることがわかったのではないでしょうか。

ググったりチャットを見たり、いろんな人がいろんなことを言っていますが、人によって使える金額や投資スタイルが違うので鵜呑みにしてしまうのは危険です。

一番は、この人なんかすごい。納得できる。という人を見つけて、スタイルまるっと真似てみるのもおすすめです。

次回はもうちょっと深く掘り下げ、トレーダーがよく使う言葉をまとめていきます。おつかれさました!

今日のトレード結果

4万円台で購入したイーサを半分利確。ということで1.5万円くらいの利益が出ました。このシリーズを始めた時の目標が「まずは1ヶ月で1万円」でしたので、目標はするっとクリアできたことになります。

しかしこれはチャート分析の賜物ではなく仮想通貨くんの頑張りのおかげだと思うので、まだまだ勉強を続けていきますよ。(欲に勝てず買ってしまった90円のリップルがあることは内緒…)

最近は感情に振り回されないように、売買する単位(例えば0.01BTC)を決めて、20%下がったら購入するなどとルールを決めはじめました。

管理も楽になるので、マイルール設定おすすめですよ(・∀・)

今月中に保有コインを残しつつ、今月は+2万JPYを目標にがんばります!

●当サイトでは基本的に3つの仮想通貨を軸に購入を進めていきます。

  • イーサリアム
  • リップル
  • ビットコインキャッシュ

※追記
上記三つを中心に、売買で増やしていく予定でしたが、ビットコインの流通量が圧倒的に多く、トレードの練習はビットコインでやることにしました。
出来高が少ないものは、価格に達しても売れない場合もあるので、流通量ってものすごく大事だということがよくわかりました。
ということで、チャート売買の練習をしたい方はしのごの言わずビットコインで。増えた分をアルトコインに回すと良いのではないかと思います!

「トレード実戦日記vol1」で投資スタイルを決めました。

まとめ

指値ささって喜ぶもつかの間、どんどん落ちてく相場にガクブルです。が、持ってないと利益も出ないので特に気にせず勉強に打ち込みます。



ビットコインに興味がある人は、触りだけでもプログラミングの勉強しておくともっと安心できるかもしれませんね(・∀・)管理人もつまづきつつコツコツ動画を見ながらお勉強中です。

※上記「Udemy」は、すごいたくさんプログラミングの学習動画があるのでおすすめですよ!

それでは今日はここまで!ごきげんよう♡仮想通貨の未来に向かって冒険続行します♪

次のトレード基礎知識「」

雰囲気トレードを卒業して、チャート分析によるトレードを1から勉強することにしました。売買でまずは1万円利益を出すことが目標!

できる限り手間を減らして少しずつ利益を積み重ねていくことがモットーですので、初心者の方も無理なく真似していただけるかと思います。

0から始めて、3ヶ月でトレード知識100コ身に付けることを目指します(・∀・)

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

今日の仮想通貨マーケット

     

▼▼ブログをメールで購読する▼▼

購読(無料)希望の方は、メールアドレス送信してください。更新の際にお知らせします。(怪しい勧誘など一切ございませんので、お気軽にどうぞ。)

141人の購読者に加わりましょう

コメントを残す