コイン別に知りたい!仮想通貨【銘柄】情報

【XRP】リップル新サービス「Xpring」で広がる可能性とは?

ripple_xpring

こんにちわ!へっぽこZENYです!

5月に行われた最大規模カンファレンス「コンセンサス2018」で注目を浴びたリップル新サービス「Xpring(スプリング)」についてまとめてみます。

 

リップル新サービス「Xpring」とは?

Xpring(スプリングは)、先月発表されたリップル社の新サービスです。

まずはリップル公式サイト「Welcome to Xpring」と題されたページから抜粋(https://ripple.com/jp/insights/welcome-to-xpring/

XpringはRippleの新しいイニシアチブであり、実績のある起業家が運営する企業やプロジェクトへの投資、インキュベーション、取得、助成金を提供します。

すべての起業家は、デジタル資産XRPと、XRPの背後にあるオープンソースの分散テクノロジーであるXRPレジャーを使用して、お客様の問題を変革的な方法で解決します。

XRPとXRPレジャーの特徴である優れたスピード、スケーラビリティ、安定性は、アイデンティティ、貿易金融、ゲーム、バーチャルグッズ、出資、不動産、保険、デジタルメディアなど多くの問題を解決しようとする起業家に最適です。

以上の抜粋からわかることは、今まで銀行間、特に国際送金で使用されると注目されていたXRPが、他の業界進出する準備が整ったよってことみたいですね。

リップル社はベンチャー企業ですが、逆に今度はXRPで培ったテクノロジーを駆使して、「これからベンチャーを立ち上げる起業家を応援していくことができますのでみなさんどうぞチャレンジしてください!」という内容です。

Xpring専用サイトもできてましたので、我こそは!という方はとりあえずチェックです。

XRPレジャーとは?

さて、リップルネットなどについては結構注目されていますのでご存知の方も多いはずですが、XRPレジャーとはいったいなんでしょうか。

「XRP Ledger(リップルレジャー)」は、リップル社が開発した分散型の台帳、つまりXRPを使用するための土台となる部分です。

このXRPレジャーがあることにより、このネットワーク参加ユーザーはXRPを高速&低手数料で送金することができるのですが、ビットコインでいう根幹技術「ブロックチェーン」と同じくらい重要なリップルの根幹システムです。

ブロックチェーン

技術者でないとブロックチェーンとどこが違うのかパッと理解するのは難しいかもしれませんが、こちらのサイトさんで詳しく技術的な説明がされているので、興味のある方は確認してみてくださいね〜

リップルが目指す価値のインターネット

リップルは「価値のインターネット=IoV」を当初から掲げています。ちなみにモノのインターネットはIoT…

こちらのサイトでも以前ちらりと触れていますが、XRPの仕組みって別に国際送金に限らず稼働できる仕組みなのは言わずもがな。

コイン

そこで、リップルの技術力そして莫大な資金力を活かして、

「XRPを利用してどんどん可能性を拡大していくベンチャーにはどんどん出資していくよ!そしてXRPの使用用途も価値も拡大するから我が社もますます成長していけるよ!」

というのが今回の「Xpring」の取り組みです。これ使ってひと旗あげてやろうと思っているスーパー天才児がうようよしていると思うと末恐ろしいですね…

これはGoogleの検索ブラウザ以上の価値、Amazonのような本の通販屋さん以上の価値を提供する、そういった類の匂いがプンプンしますよねぇ。

ところでXRPの価格は上がる?

このことからリップルが他の仮想通貨と比較するまでもなく一歩どころか2歩も3歩も抜きん出ていることは明らか。となると、気になるのは今後のXRPの価格になりますね!

この記事を書いている6月現在はXRPは50〜60円あたりをうろうろしているところです。

正直XRPは10億XRPもの発行数量が定められていますし、1XRPはさらに分割してdrop単位になるなどいろんな話があるので予想しずらいです。といってもつまらないので、検索ブラウザ以上のサービスを生み出しているGoogle株の過去10年の株価をサクッと参考にしてみましょう。

google

Google株価、過去10年(毎6月/USD単位)
・2008/263.21
・2009/210.80
・2010/222.48
・2011/253.19
・2012/290.04
・2013/440.19
・2014/584.67
・2015/540.04
・2016/703.53
・2017/929.68
・2018/1,183.58

Google株価

 

株価とXRPの通貨単位では同等に比較していいものかはわかりませんが、Google株は10年で約5倍、2012あたりからの急激な伸び方に注目したいところですね。

ちなみにインターネットバブルが崩壊したのは2000年頃…そこから10年20年かけてここまで素晴らしい企業に成長しているわけです。

リップルには少なくとも同じような展望が見えるのは私だけでしょうか。特に今回のXpring発表によってますます現実味を帯びたような気がします。

Xpringまとめ

Xpringの可能性についてまとめてみましたが、なんだか希望が持てる内容になりました!

よく「あの時に株買っときゃよかったなぁ〜」とかその時は買う気もなかった人が言っているセリフがありますが、リップルは今のところ1枚たったの50円で購入可能。個人的にはリップルの今後に期待して、今のうちに1万円分でも2万円分でも増やしておきたいなぁと思う所存です。

リップルの購入は、リップル取引量世界No.1にもなっているbitbankさんがおすすめです。

それでは今日はここまで!ごきげんよう〜

合わせて読みたい関連記事

【wallet】もう困らない!リップルが保管できるおすすめwallet6選
【取引所】国内で唯一リップルが指値注文で買える「bitbank cc(ビットバンク)」
【2018.02更新】リップルまとめ(特徴・将来性・その他もろもろ)※初心者必見

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

今日の仮想通貨マーケット

     

リップル関連記事一覧

どんどん拡大していくリップル♪
当サイトでもリップルに関する記事は非常に人気がありますので、一覧にまとめています。

【リップル全貌をサクッと知りたい方】

【18.06更新】リップルまとめ(特徴・将来性・その他もろもろ)※初心者必見

【リップル価格予想記事】人気!

【XRP】リップル価格予想!1XRPいくらが妥当なの?

など、リップル関連記事を他にも多数公開しています。

もっと読む

▼▼ブログをメールで購読する▼▼

購読(無料)希望の方は、メールアドレス送信してください。更新の際にお知らせします。(怪しい勧誘など一切ございませんので、お気軽にどうぞ。)

141人の購読者に加わりましょう

コメントを残す