仮想通貨大冒険!最新ニュースまとめ

【投資用語】ETFっていったいなんだ?株と投資信託のいいとこ取り?

ETF

最近もっぱら話題のETF。注目されているのは知ってるけど、ETFが実際なんだかいまいちわからないので調べてみましたよ。

ETFは投資業界の頻出用語なので、知っておくと今後にも役立つはずです(・∀・)ではいってみましょう!

ETFとは?

まずはウィキペディア先生に聞いてみました。

上場投資信託とは、金融商品取引所で取引される投資信託の事。ETF、上場投信という略称がよく用いられる。一般の投資信託は金銭の出入りにより解約設定されるが、ETFは投信会社指定の現物金融商品による。一般の投資信託は組み入れ資産だけを証券化するのに対して、ETFは投資家の拠出する現物まで証券化する。-by wikipedia

うーんいまいちというかさっぱりわからないですね。とりあえずETFの日本語訳は「上場投資信託」ということだけはわかります。英語で書くと「Exchange Traded Fund

投資信託は運用をプロに資産運用を任せる投資方法のこと。わりと手堅い投資だという見方もあり、お父さんやお母さん世代(50とか60より上の人あたり)に人気のある運用方法です。

なんとなくETF(上場投資信託)がこの投資信託の仲間っぽいような気がしますが、さらに詳しく調べてみましょう。

ETFの特徴とメリット

ETFそのものについて解説するより、ETFの特徴やメリットを知っておくと理解しやすいので先に紹介します。

なるほど

ETFは株式投資と投資信託のいいとこ取りと言われることもある金融商品で、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等の動きに連動する成果を目指したものです。

つまり、日本全体の景気が上向けば運用成果も上向き、景気が下向けば運用成果も下向くのがETFです。

このように日本の代表的な景気の指数と連動するので、個別株の売買のように細かく全てを把握していなくても自分の投資成果がわかりやすく、投資初心者さんにオススメされることの多い金融商品です。

株投資は自分が気に入った企業の株を狙い撃ちで売買する手法ですが、ETFは日本の企業全体に投資するイメージとなることが特徴です。

テンバガー株で大儲け!!みたいな派手さはありませんが、ローリスクで安定感のある投資にチャレンジしてみたい方には向いていると言えるでしょう。

日経平均株価や東証株価についてはこちら。

【入門記事】仮想通貨から入ったけど…日経平均ってなに?代表的な4つの平均株価指数

ETFの中身

なんとなくETFについて掴めてきましたね。ここでETFの中身についてもう少し詳しく調べてみます。

ETFはなぜ日経平均株価などと連動するのか、その内訳はどうなっているのでしょうか。

eyecatch_Q

まず、投資信託は「運用をプロに資産運用を任せる投資方法のこと。」と最初に説明しました。この投資信託の中の一種の商品として「インデックス型」という商品があります。

「インデックス型」の投資信託は、さまざまな株や債権を組み合わせて一つの金融商品としてプロが運用してくれます。インデックス型投資信託のメリットは、さまざまな金融商品を組み合わせることで博打要素が少なくなること。

当たりもあればハズレもある、全部をまとめて手堅く景気と合わせて良くなっていけばいいね、というイメージです。

 

個人で売買可能なETF

さぁここで再びETFの登場です。

今まで見てきたインデックス型の投資信託、これはプロが運用してくれると説明しました。これを個人で、かつ、上場株で売買できるようにしたのが「ETF」です。

インデックス型投資信託だと極論自分は資産を預けて「はい、終わり。」運用成果が悪くても指を加えて見ているだけです。

が、ETFであれば個人で株のように売買が可能なので自分で資産運用が可能な上、一つのETFを購入するだけでいわゆる「分散投資」しているのと同じ感覚なので、非常にとっつきやすい金融商品です。

例えば「TOPIX連動ETF」という商品を購入すれば、TOPIX上場の2000銘柄の指数に連動するので、毎日のニュースでもチェックしやすいですし、基本的には上昇を目指していくものなので、不安が少し緩和されることでしょう。

まさに株と投資信託のいいとこ取りといえますね!

株よりも最低購入金額が安い

ETFの忘れてはならないのが、株と比べて「最低購入金額が安い」ということです。これは特に若い世代や投資初心者には嬉しいポイントですよね(・∀・)

株を始めようとなると50万、100万軍資金を用意することもザラですが、ETFは「約70%の銘柄が最低投資金額2万円以下」と手頃な銘柄が多いことが特徴です。(株でも10万円以下で購入できるものはありますが、割合はここまで多くない。)

API

一方投資信託では月々1000円くらいの積立ができることがメリットですが、ETFは基本的には積立はできません。ただし、証券会社によっては積立サービスを行なっているところもあります。(仮想通貨でザイフだけ積立できるよー的なノリだと思えばわかりやすい)

ビットコインとETF

ちょうどこの記事を書いている今、ビットコイン一晩で10万爆上げ、要因はETFのいいニュースじゃないかって言われています。

ETFがここまでわかればもう大丈夫ですね、ビットコインとETFの関係性について(・∀・)

ビットコインがETFとして採用されればまた新たな資金が流入してくるよ=マーケットが大きくなって流動率が高まるよ=ビットコインの価値が上がるよ!!!!ということです。

bitcoin

仮想通貨を1万円でも購入している方は、こうやって少しずつ浸透していくビットコインを信じて見守るのが楽しいのではないでしょうか。

本日のニュースは以下のサイトさんを参考にしました。

まとめ

私、規制ルールとか税金とかがめんどくさくてほんとちょっと前に仮想通貨おやすみ宣言したとたんビットコイン爆上げです笑 なにが起こるかわかりませんね〜

ただガチホ目的の大量購入をやめて、メンタル楽な金額で仮想通貨トレードの練習は続けているので、ETFが確定したらぜひ購入したいなぁと思います。

それでは今日はここまで!ごきげんよう♡仮想通貨の未来に向かって冒険続行します♪

仮想通貨専門用語のチェックも合わせてどうぞ(・∀・)

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

今日の仮想通貨マーケット

     

▼▼ブログをメールで購読する▼▼

購読(無料)希望の方は、メールアドレス送信してください。更新の際にお知らせします。(怪しい勧誘など一切ございませんので、お気軽にどうぞ。)

141人の購読者に加わりましょう

コメントを残す