チャート攻略!仮想通貨投資のお勉強

【トレード実践日記vol.14】売られすぎ・買われすぎが一目瞭然「RSI」

こんにちわ!へっぽこZENYです!

今日はテクニカル指標「RSI」についてご紹介します。

テクニカル分析の基本は「ローソク足」「移動平均線」を的確に分析することが基本です。そこに前回勉強した「グランビルの法則」などを用いて精度をあげるのが一般的ですが、RSIもより精度をあげるために頻繁に利用されている指標の一つです。

グランビルの法則はこちらで紹介していますので、まだの方はこちらからどうぞ。

今日のトレード知識:RSI

RSI(アールエスアイ)は有名かつよく利用されているテクニカル指標の一つですので、まだ利用していない方はぜひここで覚えてしまいましょう!

RSIはオシレーター系のテクニカル指標で、「Relative Strength Index(相対力指数)」を略したものです。「買われすぎ」「売られすぎ」が一目瞭然でわかってしまう便利な指標です。

オシレーター系とは?

「オシレーター系」の分析指標は、チャートの「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」を計測し、その後の反転を狙う投資手法。
一方「トレンド系」の分析指標は、相場の流れを計測する指標で、トレンドラインに乗って順張りするときに利用する。

今まで見てきたようなチャートに線を引いて相場がどっちの流れか確認する方法がトレンド系ですね!

今日紹介するRSIは今までとは違った方向性の分析指標ですが、トレンド系とオシレーター系の分析指標を組み合わせることでより精度の高い分析ができることを覚えておけばOKです。

トレードに実際まだチャレンジしていない方や経験が浅い方は、この二つの違いにまだピンと来ないかもしれません。でもすぐに慣れるので身構えなくて大丈夫です。

RSIを使うメリットは?

RSIは、「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」を計測するものだと言いました。相場は常に上下運動していますよね!

トレンドを追いかけていると「こんだけ売られればそろそろ買いが入るだろう」「こんだけ買われるなんてもう天井?それともまだまだ上がる?」などの予想をしながらチャートを見ていきますが、ここで役に立つのが「RSI」なのです。

「トレンドを追いかけてどんどん下がる→底かと思ったらまだ下がる→底値がどこか不安になる→RSIを使って今どのくらい売られすぎなのか分析できる!」という流れです。逆も然りで、天井を判断する目安になりますので高値づかみをする確率を減らすことができます。

RSIはどうやって使う?

RSIは0〜100%の値で表現されます。チャートに表示させると下が0、上が100なので移動平均線などと同様に山と谷を作ります。

基本的には真ん中の50%を中心に100%に近づくほど買われすぎ、0%に近づくほど売られすぎと判断することになります。特に確率の高い目安となるRSIの数値は以下とされています。

売りシグナル80%以上、買いシグナル20%以下

トレードの仕方によってシグナルをどこにするかは変わってきますが、はじめてRSIを使う方はこちらを参考に利用してみるのがおすすめです。

RSIの利用例

さて、私もRSIを導入していますので参考までにご覧ください。ベーシックで使っているQUOINEXのチャート画面です。

QUOINEX

画面下1/3の紫の指標の部分がRSIです。(ちょっと見づらい色ですみません)

RSIが20%まで下降している時はローソク足も下降、その後反発していることがわかりますよね。

真ん中の四角はちょっと下がって急激に上昇、そのまま買われすぎの状態ですが最終的に一気に下落していることがわかります。

最後の四角は目安の20%あたりなので購入のGOサインを出してもいいと思います。このように、下落している中RSIなどを利用した反転狙いのポジション取りが「逆張りです。これが成功すれば非常に利益は大きいです。

しかし!「落ちてくるナイフはつかむな!」という名言があるくらいですので、初心者さんは上昇トレンドに転換してから購入するのが安全です。これが「順張り」です。

底値で買うことはできませんが、そもそも底値で買うことは期待しない方が懸命です。まだトレードに自身がない方は、トレンドフォローをベースに、それをサポートする目安としてRSIを利用するのがおすすめです。

RSIを利用することで、かなり購入するタイミングがわかりやすくなったのではないでしょうか。ではまた来週〜(・∀・)

今日のトレード結果

投資額1万円:リップル&イーサ

2日で約300円の利益、3%の利回りです。逆指値をあげすぎて失敗したかと思いきや、今日はだだ下りなので売れてしまってよかったです。


※追記

仮想通貨以外も始めたくなったので、しばらく一回のトレード額を1万円にして実験中です。

動く額は小さいですが、損切りなども怖がらずにルールを守ってやるのにはこのくらいからが適当ではないでしょうか。

ぜひ皆様も怖がらないでトレードできる額で頑張ってみてくださいませ!

まとめ

トレード額を1万円にして、朝と夜2回チェック、注文は夜のみ一回(修正込み)と気軽なスタイルが確率してきました。

毎日15分でもチャートの動きに見慣れるのが今の自分には合っているようです。

それでは今日はここまで!ごきげんよう♡仮想通貨の未来に向かって冒険続行します♪

次のトレード基礎知識「」

今日使ったチャートはQUOINEX(コインエクスチェンジ)です!初心者にはちょっとレベルが高いかもしれませんが、トレードに慣れてからもずっと使える優良チャートです。

興味がある方はこちらから




【取引所】超ハイスペックエリート集団が運営する取引所「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」

 

雰囲気トレードを卒業して、チャート分析によるトレードを1から勉強することにしました。売買でまずは1万円利益を出すことが目標!

できる限り手間を減らして少しずつ利益を積み重ねていくことがモットーですので、初心者の方も無理なく真似していただけるかと思います。

0から始めて、3ヶ月でトレード知識100コ身に付けることを目指します(・∀・)

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

今日の仮想通貨マーケット

     

▼▼ブログをメールで購読する▼▼

購読(無料)希望の方は、メールアドレス送信してください。更新の際にお知らせします。(怪しい勧誘など一切ございませんので、お気軽にどうぞ。)

141人の購読者に加わりましょう

コメントを残す