チャート攻略!仮想通貨投資のお勉強

【トレード実践日記vol.15】焦りは禁物!注文の種類と方法を知って賢くオーダー!※QUOINEXにて解説

トレード実戦日記vol15

こんにちわ!へっぽこZENYです!

トレード実戦日記も第15回。基本的なテクニカル分析についてご紹介してきましたが、実際の売買がまだの方はぜひここらで購入してみることをおすすめします。

どんな勉強だけでしても机上の空論。たった1,000円でも購入できるのが仮想通貨のいいところ

ということで、今回は「取引所での注文の種類と方法」を確認していきます。注文なんて買いたい金額指定すればいいだけでしょ〜と思ってしまいますが、ちょっとややこしいところもあるので、誤発注を防ぐためにも重要なポイントです。

それではおなじみQUOINEXにて説明していきますよ〜!

今日のトレード知識:注文の種類と出し方

さっそく注文の種類と出し方について説明していきます。

注文の種類は取引所によっていろいろあるのですが、QUOINEXでは以下4種類の注文方法が用意されています。

  • 成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文
  • トレール注文

どこの取引所も「成行注文」「指値注文」「逆指値注文」は絶対にある注文方法でこちらは必須マスター、「トレール注文」はちょっとレベルアップ編なので、より確実に利益を出したい方は覚えるといいでしょう。初心者さんはまず最初の3つを理解しておくのが大切です。

成行注文

成行注文は一番簡単な注文方法で、注文が即成立する注文方法です。

QUOINEX

数だけ指定して注文を出せば即約定(注文が成立すること)します。今現在出ている他人の注文から自動的に決済されるので、買いそびれ(売りそびれ)がないことが特徴です。一番シンプルなので初めての方でも注文しやすく、即ビットコインをゲットすることができます。

ただし成行注文にはデメリットがあり、即・確実に約定する反面、自分の予想外の金額で購入するハメになる可能性があります。ex)「ほんとは1000円くらいで買いたかったのに1500円で約定してしまった」とか…(極端ですが)

金額が小さければそこまで気にならないかもしれませんが、注文金額が大きい時にはそれだけで利益を上げづらくなってしまうので、次に紹介する「指値注文」をベーシックとしましょう!

指値注文

取引所での売買において、一番ポピュラーな注文方法が指値(さしね)注文です。

QUOINEX

「いくらで買いたい」「いくらで売りたい」と自分で指定した額でビットコインを購入することができるのが特徴です。希望の額になると自動的に決済をしてくれるので、グランビルの法則RSIで価格を予想して指値注文をしておくと、利益が出しやすくなります。

指値注文はデフォルトで使用する注文方法ではありますがデメリットもあります。それは「希望の額に達しなかった場合はビットコインをゲットできない」ということです。

いくらで買うかっていうのは非常に難しいところですが、今まで勉強したローソク足移動平均線などを使って、自分なりに「安い」と思う金額を指値注文して購入してみてください。

逆指値注文

逆指値注文は、指値注文の逆パターンの注文方法です。これ、慣れていないと混乱してしまうところなのでしっかり理解しておくのがおすすめです。

QUOINEX

逆指値注文は主にロスカット、もしくは利益確定させたいときに使うので、トレードを続けていく中では非常に大切な注文方法です。

購入したBTCが予想とは反対に下がってしまいました。このままいくと損失が大きくなってしまいます。そんなときにセーフティネットとして役立つのが逆指値注文です。

あらかじめ「いくらまで下がったら売る」ということが指定できるので、知らないうちに損失がすごい額になっていた…!!とうことを防ぐことができます。指値注文で購入できたら、必ずセットで注文を出しておきたいところです。

ガチホする方は使うタイミングがないかもしれませんが、トレードで増やしていきたい方は逆指値注文を必ずマスターしておきたいくらい、侮ってはいけないポイントです。

トレール注文

トレール注文は、指定した幅を持たせて自動決済できる注文方法のことです。ちょっとややこしいので、初心者さんは先に指値注文・逆指値注文に慣れてからでOKです。

QUOINEX

トレール注文で指定できる幅は、「金額」と「パーセンテージ」の2種類あります。

1BTC100万円の時に10万円のトレール幅で指定すると、110万円もしくは90万円と上下10万円に達した時に自動的に決済を行ってくれるんです。パーセンテージの場合も同様です。

こちら、私まだ数回しか使ったことないのですが、もう少し極めてからレポしたいと思いますので、お楽しみに。

今日のトレード結果

ただいまリップルとイーサをホールド中。基本3%の薄利で利確トレーニング中です。最近はエリオット波動について猛勉強中です。

当サイトでは基本的に3つの仮想通貨を軸に購入を進めていきます。

  • イーサリアム
  • リップル
  • ビットコインキャッシュ

まとめ

仮想通貨をガチホする欲を捨てて、もっぱらトレード練習に集中し始めたらとってもメンタル楽チンになりました。

私が始めてトレード画面で購入したときは、誤発注で自爆したり、ボタン押すのも心臓ばくばくして単位間違っちゃたり、へっぽこミスをしまくってました。

だってビットコインの通貨単位って「765400btcを0.001BTC買う」とかちょっと複雑すぎやしませんか?始めてトレードする方、数字に苦手意識がある方は落ち着いて慎重に。まずは少額から始めてくださいね(・∀・)

それでは今日はここまで!ごきげんよう♡仮想通貨の未来に向かって冒険続行します♪

 

今日使ったおなじみ取引所はこちらで紹介してます。

【取引所】超ハイスペックエリート集団が運営する取引所「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」

次のトレード基礎知識「」

雰囲気トレードを卒業して、チャート分析によるトレードを1から勉強することにしました。売買でまずは1万円利益を出すことが目標!

できる限り手間を減らして少しずつ利益を積み重ねていくことがモットーですので、初心者の方も無理なく真似していただけるかと思います。

0から始めて、3ヶ月でトレード知識100コ身に付けることを目指します(・∀・)

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

今日の仮想通貨マーケット

     

どこではじめる?取引所の比較

仮想通貨は少額からはじめられることが魅力♪0.001BTC(1,000円程度)から投資可能なので無理せずお小遣いからOKです。

トレードを上手に行うには、使いやすい取引所を選ぶことが大切。購入できる通貨も違います。

今すぐチェック!

取引所の比較記事へ

▼▼ブログをメールで購読する▼▼

購読(無料)希望の方は、メールアドレス送信してください。更新の際にお知らせします。(怪しい勧誘など一切ございませんので、お気軽にどうぞ。)

141人の購読者に加わりましょう

コメントを残す