コイン別に知りたい!仮想通貨【銘柄】情報

【XRP】リップルついに30円代へ下落。過去の価格推移を調べてみた。

リップル価格推移

こんにちわ!ZENYです!

本日8/8(水)、リップルついに30円代まで下落!これが仕込みどきなのか逃げどきなのか、一番気になるところですよね。

先のことは誰もわからないので、とりあえず過去に学ぶことにしました。今までリップルがどんな歴史を辿ってきたか、価格推移を単純明快にマークしつつリサーチしていきたいと思います。

それではれっつごー(・∀・)

リップル年別価格推移

なんだかお固いタイトルになってしまいましたが、年ごとの価格の変化を拾ってみます。と、その前にリップル前提知識を確認。

1、2004年/カナダの開発者RyanFugger氏によるリップルの構想考案
2、2005年/RipplePay.comが始動、XRP Ledgerなど分散型台帳に関する論文を発表
3、2012年/Chris Larsenらが「OpenCoin, Inc.」を設立(RyanFugger氏から譲渡)
4、2013年/「OpenCoin, Inc.」から「Ripple Labs, Inc.」に社名変更
5、2013年11月/XRP配布開始!
6、2014年/1XRP0.6円程度

リップルの構想が始まったのは2004年。かの有名な「サトシナカモト」の論文が発表されたのは2008年ですので、実はビットコインよりも古株なんですねぇ。

そして「仮想通貨XRP」が誕生したのが2013年。構想から9年、今から5年前です。構想から9年もかけて誕生したXRPはまだ5年しか稼働していませんので、まだまだ成長途上段階ということがわかります。

誕生から翌年は1XRP=0.6円あたりだったということで、2013年〜2018年の価格推移をチェックします。

リップル:年単位の価格推移

リップル価格推移

2013年〜:0.65円
2014年〜:3円
2015年〜:2.71円
2016年〜:0.65円
2017年〜:0.72円
2018年〜:252円

 

ざっと数字をとったので、めちゃめちゃ正確な情報ではないですが、各年度1月あたりの価格(☆のところ)はおおよそ上記の通り。

リップル誕生時は0.65円、一時3円くらいまで上昇しつつも2016年には振り出しへ戻り低空飛行を続けたかと思いきや、2017年に入って爆発!ご存知の通り、MAXでなんと400円近くまで伸びました。

2014年末あたりに3円掴みした方はきっと2016年にはどん底だったことでしょう。資産が4分の1以下になってしまった計算です。ちなみに2015年はマウントゴックスの社長が逮捕された年です。

マルクカルプレス

リップル:月単位の価格推移

さぁそれでは「仮想通貨元年」と言われた昨年2017年〜現在の価格推移も見てみることにします。

 

リップル2017年

 

2017~18年3ヶ月毎

1月:0.72円
4月:2.26円
7月:29円
10月:21円

1月:420円(最高値)
4月:52円
現在:30円

なんと昨年1月はまで0.7円だったんですね。出川組以降の方はこのことはご存知でしたでしょうか。

0.7円から約半年で47円、さらに約半年後には420円。こうやって見ると狂気の沙汰としか思えません。

 

かくいう私も20円台で取得、そのままガチホですので今となってはもはや逃げられないところまできていますが、この価格推移を見てみれば30円台まで下落した今も全然無理もないなーと感じます。

リップル2017年

お祭り相場前の昨年のボックス圏の流れを見ると、30円幅くらい価格は変わっています。

さすがに0.7円までは…と思いますが、なんとか去年組がホールドしている20円代をサポートラインとして持ちこたえて欲しいものですね。

それではまた(・∀・)

 

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

今日の仮想通貨マーケット

     

リップル関連記事一覧

どんどん拡大していくリップル♪
当サイトでもリップルに関する記事は非常に人気がありますので、一覧にまとめています。

【リップル全貌をサクッと知りたい方】

【18.06更新】リップルまとめ(特徴・将来性・その他もろもろ)※初心者必見

【リップル価格予想記事】人気!

【XRP】リップル価格予想!1XRPいくらが妥当なの?

など、リップル関連記事を他にも多数公開しています。

もっと読む

▼▼ブログをメールで購読する▼▼

購読(無料)希望の方は、メールアドレス送信してください。更新の際にお知らせします。(怪しい勧誘など一切ございませんので、お気軽にどうぞ。)

141人の購読者に加わりましょう

コメントを残す