投資全般(仮想通貨以外)

【積立NISA】基本の銘柄の選び方。ポートフォリオは3銘柄に分散したよ

つみたてNISA

こんにちわ!ZENY子です!先日つみたてNISA開始のご報告をしました。

初めての買い付け後はさっそくプラス。買い付けからたったの半月で+4%という驚異の成績。半月ってたった15日ですよ。おそるべしひふみ投信。

ということで限度額まで積立ていきたいのでまじめに銘柄調べてみましたよ(・∀・)

つみたてNISAの積み立て方

つみたてNISAの最大の魅力は非課税枠があること。その額は年間40万円。月々33,333円です。

この3万円をどういう風に割り振るかというのがポイントで、

・3万円をごそっと一つの銘柄につっこむ
・1.5万円ずつ2つの銘柄に割り振る
・1万円×3銘柄にしっかり分散する

など好みに応じて様々な投資スタイルでつみたてNISAと付き合うことができます。

私の場合は一つの銘柄だけってのもなんだかつまらないなぁと思うので3銘柄に分散して、それぞれの運用成績の違いを楽しむことにしました。

細かい手数料の違いや運用成績額をしっかり把握したい人は1つの銘柄と付き合うのがいいかもしれません。

積立金の割り振り方で選ぶ銘柄が変わる

つみたてNISAを始める時に一番頭を悩ませるのが銘柄の選び方だと思いますが、上記のように積立金の割り振り方で銘柄の選び方が変わります。

つみたてNISAは、どこの地域に投資するかというのが第一の大きなくくりになっています。

・国内(日本)
・先進国(北米・EUなど)
・新興国(中国・インドなど)

そして、どんな商品を運用しているかが次のくくり。

・株式
・債券
・ETF
・REIT(不動産)

ざっくりですが、これらの組み合わせによってリスクの高い銘柄・リスクの低い銘柄など、いろんな商品が販売されていることがわかりました。

 

「積立金3万円を1銘柄で運用したいから、1本で全世界のいろんな商品に分散してくれるバランス銘柄を選ぶ」
「1万円ずつ3銘柄購入してみたいので、各地域ごとに特化した銘柄を3本選ぶ」

など、なんとなく投資すべき銘柄が見えてきましたね。もっと細かいことはまとめ次第追記していきます。

私が選んだつみたてNISAの銘柄紹介

私はいろいろ知りたい派なので、1万円を3銘柄に割り振ることにしました。

選んだ銘柄は以下3つ。

・レオス-ひふみプラス(国内株式)
・ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド(外国株式)
・eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)(新興国含むバランス)

正直ひふみプラスとニッセイは人気商品1位2位だったから、という理由で選びました。とりあえず早くはじめたかったので…笑

投資がはじめての方はそれでもいいのではないかと思っております。人気ということは理由があるはずですからね。

そして、この2つが国内株式・外国株式にそれぞれ投資する商品だったので、残り1万円は新興国込み8資産均等型商品を選んでみました。

ちなみに8資産均等型の他、4資産均等型・6資産均等型もあり、こちらの方がローリスクとのこと。これは以下のサイトがわかりやすかったので紹介しておきます。

東北投信さん https://blog.tacos-heaven.xyz/2018/05/8-7/

 

新興国はハイリスクハイリターン

新興国への投資が組み込まれていると一般的にはハイリスクハイリターンだと言われています。これはまぁなんとなく感覚的にわかりますよね。

私の場合はハイリスクハイリターンが好きなので、新興国ありの商品しか考えられませんでした。

ビットコイン 一攫千金

上記紹介のサイトを参考にすると、リーマンショック時くらいの低迷期の損失額を試算すると

・4資産均等型→ -15.8%
・6資産均等型→ -17.6%
・8資産均等型→ -19.5%

の割合になるそうです。100万円の元手が4資産型なら85万、8資産型なら80万になるってことですね。

私の場合は仮想通貨から投資に触れ出したので、たった5%の違いでハイリターンの恩恵を受ける可能性があるならそちらがいいなぁという安易な考えの元、8資産型を選びました。

リーマンショックでも資産6割減で借金負うわけではありませんからねぇ。最近のリップルの暴騰とか見てわかるように、仮想通貨ってほんと感覚麻痺しますね…

iDecoを併用する

私が組んだポートフォリオはひふみ投信もアクティブですし、資産を守るというよりは増やすポートフォリオになったのではないかと思います。

このように、人気商品を選んでから残りを埋めてみるとか、バランスで運用を続けて物足りなくなったら銘柄追加するとか、好きなやってくのがいいと思います。

ただもう一つ最強の非課税資産運用術、iDecoがあることを忘れてはいけません。投資するお金があるならつみたてNISAとiDecoの併用が最強です。

私はまだつみたてNISAしかはじめてませんが、iDecoの場合は元本割れしない保険商品などがあるらしいので、

・つみたてNISA→資産を増やす用
・iDeco→資産を守る用

と使い分けていく予定です。

API

iDecoは強制的にガチホされますが、つみたてNISAはいつでも売れるのでそこが最大のメリット。

そもそもつみたてNISAは投資初心者をターゲットにしているので、かるーくはじめて少しずつ勉強していくのが良いのではないでしょうか。

それでは!(・∀・)

● 今回はこちらのサイトさんを参考にしました。

 

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

今日の仮想通貨マーケット

     

どこではじめる?取引所の比較

仮想通貨は少額からはじめられることが魅力♪0.001BTC(1,000円程度)から投資可能なので無理せずお小遣いからOKです。

トレードを上手に行うには、使いやすい取引所を選ぶことが大切。購入できる通貨も違います。

今すぐチェック!

取引所の比較記事へ

▼▼ブログをメールで購読する▼▼

購読(無料)希望の方は、メールアドレス送信してください。更新の際にお知らせします。(怪しい勧誘など一切ございませんので、お気軽にどうぞ。)

141人の購読者に加わりましょう

コメントを残す