これから始める!仮想通貨初心者さん専用ページ

【用語解説】価格操作してるってほんと?「テザー砲」による価格変動に要注意!

用語解説_テザー砲

こんにちわ!ZENY子です!

テクニカルを気にしていていると、ちょいちょい出てくるワード「テザー砲」ってなんだか知ってますか?

なんでも爆上げ直前とかに億単位で動く謎のテザー…言葉は知っててもいまいちよくわかっていなかったので調べてみました!(・∀・)

相場を左右するテザー

テザー砲をなぜわざわざ調べてみようかと思ったかというと、テザーが動くと相場が動くから。

テザーによる巨額の買いが入れば相場が爆上げ、これがすなわち「テザー砲」と呼ばれています。逆にショートしてる人にとっては恐怖の爆弾ですよ〜。すぐにポジション解消した方がいいですね。

他にもマカフィーさんの発言で相場が動く「マカフィー砲」も流行ってましたが、最近あんまり耳にしなくなりましたね…気になる方は調べてみてください。

テザーは仮想通貨の一種

それではこの相場を左右するテザーが一体なんなのか、もう少し掘り下げて調べてみましたよ。まずはwikipedeia先生に聞きました。

テザー (暗号通貨)
Jump to navigationJump to search
Tether Logo.svg
テザー(tether)は、Tether社が2015年2月から発行している、米ドルとペッグした暗号通貨[1][2]。単位は USDT。2018年2月13日時点でテザーの時価総額は24.6億ドルに達し、それは暗号通貨として世界17位にあたる[3]。規模は小さいがユーロとペッグしたユーロ・テザー (EURT) も発行されている[1]。

はい、テザー=暗号通貨=仮想通貨の一種だということがわかりました。

そしてちょっとわかりづらいのが「米ドルとペッグした暗号通貨」という部分。ここが実はとても重要な部分で「米ドルとの等価交換」の価値を持つ暗号通貨だということです。

テザー

実際にほぼ1USDT = 1米ドルの相場を維持してきているらしく、「BTCは価格が乱高下するから通貨としては成り立たない」という声がありますが、これと真っ向から対立する立ち位置の仮想通貨がテザーということになりますね。

通貨単位はUSDTテザー社が発行している通貨です。

仮想通貨テザーのメリット

仮想通貨テザーは米ドルと同じ価値があるということで、「え、じゃぁドルでいいじゃん」と思いますよね。

しかしここで登場するのが仮想通貨のメリット!

・早い
・安い
・24H営業

 

という部分です。

基本的に仮想通貨はわずらわしい手続きを踏まないので、送金コストが安くなったり、送金日数が縮んだり、というメリットがありますが、もちろんテザーも然り。

さらに価格が安定しているとなれば今後の社会で使わない手はありません。BTC、XRP、ETH、有名どこを見ても価格の安定はテザーにしかない特徴です。

テザーの黒い噂とテザー砲

こうやって見てみると非常に魅力的なテザーですが、テザーには黒い噂がささやかれています。

というのは仮想通貨取引所BIFINEX」との結託。BITFINEXは香港の大型取引所で、日本人のトレーダーの多くも価格を参考にしている取引所です。

ちょっと豆知識

ツイッターとかでBTC/JPYでなくてBTC/USDで呟いてるトレーダーさん多いですよね?あれの多くはBITFINEXのチャートを参考にした価格をつぶやいているのはご存知でしょうか。

最初の頃はなんで日本人みんなUSDでやってるんだ、海外住み勢か!?と思ってましたが、こういうことだったんですねぇ。

これがわかるとけっこうトレーダーさんの言ってる目安とかがわかりやすくなりますよ!

 

テザー

話を戻して、BITFINEXと結託しているということは、ざっと言ってしまえば価格操作が可能だということです。

自社発行のテザーを結託しているBITFINEXに大量送金して売買すれば、テザー社が完全に儲かる出来レース。これがいわゆる「テザー砲」の正体の模様…

日本時間9月3日1時頃、テザー社の保管ウォレットから1億ドル(110億円)に相当するUSDTがBitfinexに入金されたことが明らかになりました。-CoinPosthttps://coinpost.jp/?p=44003

なんと110億円もの送金が!実際この額がどのくらい市場に影響を与えるのかは私にはわかりませんが、110億円もあれば市場操作は十分可能でしょうねぇ。

これに巻き込まれてフルレバレッジロスカ→借金とほほ…なんてことにもなりかねませんので、庶民は必ずロスカ設定&ある程度で利確しておくのが得策でしょう!

テザー砲まとめ

恐怖のテザー砲ですが、ツイッターなどでトレーダーさんフォローすると誰かしらテザー砲が放たれそうだ情報を回してくれるので、大いに活用するのがおすすめです。

テザー社のウォレットを逐一監視するわけにもいきませんからね!

なんで米ドルとペッグできるのか、なんで他のコインはそれが無理なんだ、とかいろいろ疑問は湧いてきますが、これはまた別の機会に研究します。

それでは!(・∀・)

参考にした記事

今日の記事は以下のサイトさんを参考にしました!

・Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%B6%E3%83%BC_(%E6%9A%97%E5%8F%B7%E9%80%9A%E8%B2%A8)
・CoinPost https://coinpost.jp/?p=44003
・Bitdays https://bitdays.jp/currency/other_currency/1752/

スポンサーリンク

こんな記事も読まれています

今日の仮想通貨マーケット

     

どこではじめる?取引所の比較

仮想通貨は少額からはじめられることが魅力♪0.001BTC(1,000円程度)から投資可能なので無理せずお小遣いからOKです。

トレードを上手に行うには、使いやすい取引所を選ぶことが大切。購入できる通貨も違います。

今すぐチェック!

取引所の比較記事へ

▼▼ブログをメールで購読する▼▼

購読(無料)希望の方は、メールアドレス送信してください。更新の際にお知らせします。(怪しい勧誘など一切ございませんので、お気軽にどうぞ。)

141人の購読者に加わりましょう

コメントを残す