【積立NISA】4ヶ月目の含み損益-¥3,174.81(-2.52%)↑

2019年2月2日

こんにちわ!ぜにこです!2018年10月からSBI証券でつみたてNISAを始めました。

これから始めようと考えている方の参考までに、毎月の損益記録をご報告していきます。
今月はつみたてNISA4ヶ月目!

つみたてNISAで購入している銘柄

私が現在購入している銘柄は以下2種類です。

・レオス-ひふみプラス
・ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
・三菱UFJ国際-eMAXISSlimバランス(8資産均等型)

驚異のリターン率でおなじみのひふみ投信銘柄&ブロガー御用達銘柄のニッセイ外国株式、それから先月より新興国込みのバランス型を追加しました。

つみたてNISAはひと月最大3.3万円の積立が可能なので、現在それぞれ1.1万円ずつ計3.3万円のMAX額で運用中です。

4ヶ月目にもなると運用額が10万円を超えて桁が変わるので、運用結果の変化も毎月楽しみです。

つみたてNISA今月の損益報告

4ヶ月目の含み損益は-¥3,174.81(-2.52%)でした。

実は先月は大きくマイナス変動し、「-¥8,277(-8.90%)」の損失になっていたものの、今月はかなり損失幅が狭まりました。やた(・∀・)

1月は大きくマーケット全体が下げていたので、つられて下がっていたのだと思います。積立はこういう時でも買い続けるので、暴落時に買い付けた分がプラスを運んできてくれるわけですね。

マイナス分がプラスに転換する時を楽しみに、また報告します。次回の損益報告もお楽しみに。

つみたてNISAの豆知識:

損益報告だけだとなんとも色気がないので、つみたてNISAのプチ情報やニュースも毎月チェックしていきたいと思います。

今月のテーマ:確定申告

この時期になると気になりはじめるのが確定申告。サラリーマンの方など企業に所属している方は特に気にしたこともないと思いますが、投資とは切っても切れない関係なので簡単に紹介しておきます。

つみたてNISAに確定申告は必要?

つみたてNISAは確定申告不要!!

結論から言うと「つみたてNISAは確定申告不要」です。あー安心ですね、よかったです。

確定申告は去年1年間の収入を税務署様に申告して、来年支払う税金を確定してもらう作業のことです。

会社にお勤めの方は自分ではやりませんが、会社が代行してくれています。(年末に書く源泉徴収とかもそのあたりと関連しています)

「投資や副業」をされている方は、このお勤めの場合の会社が代行してくれている収入の報告を、自分で申告をする必要があります。

このため確定申告という作業をしなければいけないわけです。

つみたてNISAは非課税運用できるように作られた制度

投資の場合、一般的には利益の約20%が税金として差し引かれるのですが(100万円の利益だったら20万持ってかれる!ひえ〜〜〜〜)、つみたてNISAの場合、非課税なので、この20%を払わなくて良いという素晴らしい制度なのです。

確定申告というのは税金を確定させる作業なので、そもそも非課税の制度として作られたつみたてNISAの場合は申告不要、というわけです。

ちなみにつみたてNISA以外の投資(株など)の場合、「特定口座での運用」の場合は同じく確定申告は不要ですが、利益への課税そのものはされているので証券会社が代行してくれている、といった理解になります。

税金制度はなぜかめちゃめちゃ複雑に作られていて、一般人では完全な理解が難しいです。

なので、投資にはじめてチャレンジする方は、つみたてNISAのように非課税のものからチャレンジするのがおすすめです。ちなみにiDecoも非課税の投資手法です。

では!(・∀・)

→つみたてNISAをはじめるSBI証券

RelatedPost

スポンサーリンク